最近、流行のスポーツといえば

最近、流行しているスポーツといえば「ジョギング」がその一つではないでしょうか。私の住むバルセロナでも同じで、最近では朝・夜を問わず、夏・冬も問わず、街を軽快に走るランナー達を見かけるようになりました。ジョギングの人気の背景には、健康ブームもあるかもしれません。マラソンのイベントも多く開かれるようになり、愛好家達が奮って参加しています。中でも毎年恒例の大晦日に行われるマラソンは、特に人気のようです。年締めに行われるので、1年の成果がわかる格好のイベントかもしれません。

大晦日に、バルセロナでマラソン走ってみませんか 大晦日に、バルセロナでマラソン走ってみませんか

旅行者でも申し込み可能

事前にインターネットで登録し、参加料をクレジットカードで支払います。あとは当日受付に行き、ゼッケンを受け取って走るだけなので、気軽に参加できます。申し込み時に5km、10kmなど距離を選びます。バルセロナ市のみならず、大晦日の同じ日に近郊の市でも一斉にマラソンのイベントが行われています。だいたいどこでも参加費は10ユーロ程度(約1400円)。大会にもよりますが、記念Tシャツがもらえたり、走った後にドリンクや軽食が提供されることもあります。

家族での参加も良く見かけます

マラソン大会は午前中に、車道を通行止めして行われます。沿道にはランナーの家族もみんなが応援に駆けつけます。外国人が多く住むバルセロナですから参加ランナーも国際色豊かですし、女性や子供のランナーも見かけます。昨年末に走った友人に聞いてみると、天候もよく平坦な道だったので、慣れていない人でも走りやすかったそうです。チップを申し込んでおけば、走行時間を足に付けたチップで計ることができます。

世界遺産の横を駆け抜ける

デパートや人気スポーツクラブが主催するマラソン大会もあります。バルセロナの中心地で、高級ブランド通りでもあるパセジダ・グラシア通りを使ったり、バルセロナ中心を斜めに横切るディアゴナル大通りを走るコースもあります。コースを見比べて、好みで参加を決める人もいるそうです。カタルーニャ地方の19世紀後半、20世紀前半に繁栄したモデルニスモの建物を横目に走れ、旅行者の方もいい思い出になるのではないでしょうか。