日本人女性はきれいでおしゃれ?

最近は中国人や韓国人の旅行者もずいぶん増えました。バルセロナの街を歩いていても、中国人・韓国人の若い女性が連れ立って観光しているのをよく見かけます。お洒落な女の子もいますが、服装のセンスとメイクの仕方が日本の女性とはどこか違っていて、日本の女の子は垢抜けている人が多いように思います。送迎の仕事で、空港でお客様を待っているときも、スペイン人ドライバーが言うには「同じアジア人でも日本人は見た目でわかる。お洒落できれいな人が多い」のだそうです。そんな彼の方が私より正確に、到着ロビーに出てくる日本人を見分けていました。

日本人女性が一番きれい? いつでもどこでもきちんとメイクとしっかり美白 日本人女性が一番きれい? いつでもどこでもきちんとメイクとしっかり美白

バックパッカーの女の子もしっかりメイクでかわいい!

15年くらい前、私がリュックを背負って旅していた頃は、女性のバックパッカーはほとんどメイクしていなかったように思います。せいぜい基礎化粧品と日焼け止めぐらい。荷物を少なくするために服装も最低限のものだけ揃えていた感じでした。ところが、今旅先で出会うバックパッカーの女の子ってかわいいんです。アジアや南米の辺鄙なところで会ってもきちんとメイクしてるし、服装もスカート姿だったりしてお洒落。1年くらい旅してる子でも、格好が全然くたびれていないのにビックリします。一方で今だに荷物の量を優先させてしまう自分の「女子力」のなさを痛感させられる今日この頃です。

ヨーロッパでは小麦色の肌が美の象徴!?

こちらの街で出会う日本人女性、なんとなく旅行者と在住者ではメイクや服装から醸し出される雰囲気が違う気がします。旅行者の方はメイクとお洒落にスキがない感じ。それからスペイン人の疑問。「どうして日本の女性はあんなに色白なんだ?」「日本では色白なほうが美しいんだよ」と答えるとビックリします。スペインでは小麦色の肌がいいとされるからです。しっかり日に焼けた肌は、夏のバケーションをビーチで過ごしたっていうステイタスの意味もあるんですね。ですからこちらの女性はまず帽子を被りません。ですからスペインらしく小麦色に焼けた日本人女性が在住者に多いかも。ところ変われば美の基準もまた変わるんですね。