頭が痛い、チップの習慣

アメリカやヨーロッパに行くと我々日本人が悩まされるのが「チップ」です。「どんなところでチップが要るのか」「相場はいくらくらいなのか」と考えるとなんとなく煩わしいですよね。アメリカのようにチップが社会習慣となっていてチップ自体が収入の一部になっている給与体系の場合は、職種ごとに相場も決まっていてあまり迷うこともありません。またヨーロッパでも国によってはレストランのレシートにサービス料があらかじめ書かれていて、この場合は払う必要がありません。ではスペインのチップの習慣はどうなっているのでしょうか。

日本人がちょっと苦手なチップのお話 −スペインのチップ事情− 日本人がちょっと苦手なチップのお話 −スペインのチップ事情−

スペインのチップは「心づけ」

アメリカではレストランのサービスが悪くても10%置くのがマナーだとか、セルフサービスの店でも15%置くとか、こうなってくると「心づけ」ではなく半ば「義務」のような感じがしますが、スペインのチップは義務ではありません。ですからそれほど神経質にならなくてもいいと思います。料金の何%とか計算せず、普段以上のよいサービスを受けたと感じたら渡しましょう。ですから、相場もあってないようなものというか、スペイン人でも人それぞれのようです。

特に渡す必要のないもの

まず、基本的にチップの要らないとされるものには、ホテルの枕銭があります。スペイン人にはない習慣のようです。それから、タクシー代、カフェやバルでのコーヒー代や朝食代またはビール一杯もチップを置かなくてもいいですし、置くとしてもおつりの端数程度でいいでしょう。例えばタクシーに乗って4.60ユーロだったら5ユーロ渡すとか、8.75ユーロだったら9ユーロ渡すとか、そのくらいです。私はバルセロナ在住ですが、タクシーだったらいつもお釣りを全部もらっています。カフェでも置いたり置かなかったり。置くとしても0.10〜0.20ユーロくらいです。(1ユーロ=約130円)

レストランでのチップ

スペイン人は知り合いの店や行きつけの店だとチップを弾むそうです。そうすると次回のサービスがよくなるから。でも、レストランで食事をして周りのテーブルを見ると、スペイン人もそれほど多くのチップを置いていないようです。いくらくらいというと難しいですが一律で10%置く必要はありません。私は美味しく気分よくいただけたら5%くらい置くことが多いです。チップが少ないとウェイターが追いかけてくるなんてスペインでは起こりません。とにかく基本はいいサービスならチップを置きますが、不愉快なサービスなら高いレストランでも置かないということですね。