「寝る3時間前には食事を終えましょう」なんて絶対無理!

「どうして日本人の女性はみんなあんなに痩せてるの?」とスペイン人によく聞かれます。「みんな太ることを恐れダイエットに励んでいるから。例えば、寝る3時間前には食事を終えていることは基本だね」などと言おうものなら、さあ大変!「そんなの絶対無理!できっこないわ」と激しく反対されます。そう、スペイン人の食事のサイクルは日本人には信じがたいものなのです。夕食を食べ始めるのは21時以降、そこからゆっくり食事を楽しんで、食べ終わるのは23時。レストランで外食したら23時を過ぎることもよくあります。いかにも太りそう。

夕食を食べ終わったらもう夜中!?いかにも太りそうなスペインの食生活にビックリ 夕食を食べ終わったらもう夜中!?いかにも太りそうなスペインの食生活にビックリ

レストランが夜オープンするのが20時半

スペインのレストランがオープンするのはランチが13時から13時半で、16時くらいに一度閉めます。ディナーのためにオープンするのはバルセロナだと20時から20時半、マドリッドはなんと21時からというお店が多いです。ランチもディナーも、オープンしてすぐ来店するのは日本人や他のヨーロッパからの観光客で、現地のスペイン人はだいたい日本人がメインを食べ終わる頃からぼちぼちやってきて、私たちが帰る頃にようやくスペイン人で満席になっているというわけです。日本人だと20時からの夕食でもちょっと辛いですよね。

外食はヘビーでも自宅での食事はわりと質素

しかし、スペイン人でもランチとディナーの両方を毎食前菜、メイン、デザートをガッツリ食べるわけではありません。これはスペイン人にとってもキツイでしょう。また未曾有の経済危機の中にあるスペインでは、毎回高い外食に出かけられる人は限られています。ですからランチをしっかり食べたら夜はサラダと生ハムやチーズをつまむだけとか、ランチはサンドイッチで済ませて夜は家族と自宅で食べるなど、それなりに胃とお財布を休ませています。まあいずれにしても食事の時間が遅いことには変わりはないのですが。

レストランに疲れたら、カフェやバルを活用して胃を調整

日本人がスペインを旅行していて、せっかくだからと毎日お昼も夜もレストランで食べていたら、きっと途中で消化不良を起こすと思います。ランチの定食はすごいボリュームで、日本の女性だったら前菜でお腹がいっぱいになるくらい。知人の日本人男性は、スペインに来た当初は定食を完食できなかったのが今はできるようになったとか。しかしその分、しっかり太ったそうです。また、パエリアをはじめスペイン料理はオリーブオイルを多用するので見た目よりもお腹にずっしりきます。しかも夜食べるのが20時とあっては胃腸も疲れますよね。そんな時はバルのタパスをつまむだけにしたり、カフェのサンドイッチやサラダで軽く済ませたりするなどして、胃の調子を整えましょう。