カタルーニャのサンジョルディの伝説

スペイン カタルーニャ地方には守護聖人サン・ジョルディ(英語読みで聖ジョージ)の伝説があります。遠い昔、ある国に獰猛なドラゴンがいました。ドラゴンの怒りを静めるため、人々は毎日生贄となる人間を差し出しておりました。ある日お姫様の番が回ってきました。お姫様がドラゴンの餌食になろうとしたその瞬間、白馬に乗ったジョルディが現れ、ドラゴンを剣で一刺し、退治しました。ドラゴンから血が流れ出し、それは真っ赤なバラの花へと変わりました。ジョルディはその中から美しいバラを一輪手に取り、お姫様に捧げました。ジョルディが殉教したのが4月23日です。カタルーニャ人にとって大切な意味のあるこの伝説、町のいたるところにそのモチーフを見ることができます。例えば、バルセロナ市にある州政府庁の正面の壁にも。

だれにバラの花をプレゼントする? カタルーニャ地方のロマンティック伝説 だれにバラの花をプレゼントする? カタルーニャ地方のロマンティック伝説

町中でバラの花が売られる日

この伝説にちなみ、4月23日はサン・ジョルディの日です。この日、カタルーニャでは昔から一つの行事が行われる日になりました。男女がバラの花を贈りあうのです。恋人同士、会社の同僚、友人同士や親子でも大切な人へ、それぞれの気持ちを込めてバラを贈ります。青い麦の穂をそえた一輪のバラが一般的で、リボンにはカタルーニャカラーの赤色地に4本の黄色のラインが入っています。最近ではバラの花びらに色をつけたカラフルなものや、虹色カラーのもバラも見かけます。この日、花屋さんならぬバラ屋さんが町中に店を出し、そんな風景は見ているだけで1日中、心が明るくしてくれます。私は今年、友達からとレストランのウエイターさんからもいただき、自然に1日笑顔で過ごせました。

ロマンティックな日の裏事情・本屋の策略

4月23日は小説『ドン・キホーテ』を書いたスペインの文豪セルバンテスの命日(1616年・グレゴリオ暦)であり、さらにシェイクスピアの命日(1616年・ユリウス暦)です。こうした縁をサン・ジョルディの日のプレゼントの風習と結び付け、1923年にカタルーニャ地方の本屋が本を贈るキャンペーンを始めたのがきっかけで、現在では女性が男性にバラの代わりに本を贈るようになりました。本を贈るという風習は、比較的浅い伝統ですが、カタルーニャ人に人気のようです。実は日本でもこの風習を広めようと、書店と花屋が共同でイベントを開催したこともあるとか。日本には根付かなかったのは残念ですが、この時期にカタルーニャを訪れますといつもと違うバラ一色な町の様子が見られますよ。