スペイン人は圧倒的にコーヒー党

スペイン人の生活にコーヒーは不可欠のものです。朝の1杯に始まり、仕事のブレイクタイム、おやつと共に、そして食事の〆にと、コーヒーは欠かせません。ランチでもディナーでも、食事のあとには必ず「カフェ?」と聞かれます。スペインのコーヒーはとても美味しくて、旅行を終えて他の国から戻り、バルセロナのバルでひと息つきながら1杯飲むと、しみじみ「ああ帰ってきたなあ、やっぱりここのコーヒーは美味しいなあ」と思います。

スペイン人の果てしないコーヒーへの愛とこだわり(基礎編) スペイン人の果てしないコーヒーへの愛とこだわり(基礎編)

コーヒーの種類の多さにビックリ

スペインに来てはじめの頃は、言葉もなにもわからなかったので、ひたすら「カフェ・コン・レチェ」(=コーヒーとミルク半々、フランスのカフェオレ)を頼み続けていました。しかし慣れてくると、実はスペインにはたくさんのコーヒーの種類があり、その飲み方にはまた多くのこだわりがあるということがわかってきたのです。ここでいう種類とはキリマンジャロやモカなどの豆の種類ではありません。「飲み方」「ミルクの量」などの違いです。

基本はエスプレッソの「カフェ・ソロ」

まず、一番基本になるのはエスプレッソ「カフェ・ソロ」です。食事の〆に頼むのはだいたいこれですね。次に、ここにちょっとミルクを落としたものを「カフェ・コルタード」といい、ここまでは小さいデミタスカップで出てきます。カップが大きくなって、ミルクがたっぷり注がれたものが「カフェ・コン・レチェ」。スペイン人の多くはパンとカフェ・コン・レチェの朝食をとります。そして、人によってはここでミルクの量に微妙なこだわりを入れてきます。

細かすぎる「ミルクの量」と「ミルクの温度」の注文

同じカフェ・コン・レチェでも、ちょっとコーヒー多めがいい時は「ラルゴ・デ・カフェ」、ミルク多めがいい時は「コルト・デ・カフェ」をあとにつけます。また、猫舌が多いスペイン人はミルクの温度も指定します。こちらが指定しないとお店の人が聞いてくることもあります。常温のミルクを足してほしかったら「レチェ・ナトゥラル」または「レチェ・テンプラーダ」、熱々のが飲みたかったら「レチェ・カリエンテ」と頼みましょう。

まだまだある「濃さ」の違い

もっとミルク多めがよかったら「マンチャード」をどうぞ。マンチャードとは染みがついたという意味で、ミルクに染みがつくくらいちょっぴりコーヒーを加えたものです。逆にすごく濃いコーヒーがよかったら「カルガード」を。かなり濃いので、目を覚ましたいとき、一発カツを入れたいときにいいかもしれません。日本で一般的に飲まれているコーヒーは「カフェ・アメリカーノ」といいます。スペインに行ったら、是非カフェやバルで自分の好みのコーヒーをオーダーしてみてください。