クリスマスプレゼントを手にするのは1月6日の朝

12月24日の夜中にサンタクロースがやってきて、クリスマスプレゼントを枕元に置いて行ってくれる…。みなさんは何歳までサンタクロースを信じて枕元に靴下を置いて寝ていましたか? スペインの子供たちにプレゼントが届くのは12月24日の夜ではなく、年が明けた1月5日の夜です。そして、やってくるのはサンタクロースではなく「東方の三賢者」たち。王権の象徴メルチョール、神性の象徴バルタサール、死(受難)の象徴ガスパールの三人は遠い東の地の占星術師で、12月24日の夜に輝く星を見つけて“ユダヤの王(救世主)”の生誕を知ります。

子供たちに一番人気のバルタサールがやってきました!! 子供たちに一番人気のバルタサールがやってきました!!

届けてくれるのはサンタじゃなくて東方の三賢者

ラクダに乗った三賢者は貢物を携え、星の導きによって1月6日の明け方に、ベツレヘムの生まれて間もないイエスのもとに到着します。そしてメルチョールは黄金、バルタサールは乳香、ガスパールは没薬を贈り物としてイエスに捧げました。この新約聖書のエピソードに因んで、スペインの子供たちは三賢者にプレゼントを入れてもらうため、1月5日の夜に窓辺やバルコニーに靴を置いて寝ます。三賢者とラクダをねぎらうために、靴のそばに水とパンを添えるのも忘れません。そして翌6日の朝目覚めると、そこにはお願いしていたプレゼントが置かれているのです。

1月5日の夜、三賢者が町にやってくる!!

スペインでは、子供だけでなく大人たちもこのイベントを楽しみます。三賢者の到着は、1月5日の夕方から始まるパレードで知らされます。このパレード「カバルガータCabalgata」は、スペイン中のすべての町々や村々で行われ、それぞれの地方独自の特色があります。海の街バルセロナでは三賢者は海からやってきて、バルセロナの港に上陸した三賢者は、山車に乗ってバルセロナの街をねり歩きます。きらびやかに電気装飾の施された山車が何台も続き、着ぐるみや子供たち、大人たちがその上で踊ったり歌ったり。例えていうなら、ディズニーランドのエレクトリカルパレードのようです。

子供だけではなく大人も楽しめます

このパレードの間、山車に乗っている人たちが沿道の人々に向かって飴を投げて配るのですが、子供だけでなく大人もけっこう本気でそれを拾おうとするので、最前列にいると争奪戦に巻き込まれたりします(笑)。大人も子供も楽しめる、ファミリーにおすすめのイベントですが、なにしろすごい人出なので、スリには十分気をつけてください。翌1月6日は王冠を模したドーナツ型の菓子パン「ロスコン・デ・レジェス」を食べます。中には小さな人形と乾燥ソラマメが入っていて、人形が当たった人はその日は王様になり、ソラマメが当たった人はロスコン代金を払うことになっています。これでスペインの長いクリスマスは終わり、スペインの冬のバーゲンが全国一斉に始まるのです。