夏のスペイン、観光地は予約して並ばず入場しよう

ヨーロッパの観光シーズンは夏。ここスペインもヨーロッパをはじめ世界中からたくさんのツーリストがやってきます。なかでもバルセロナは、有名な見どころは人で溢れ、入場待ちの長い長い行列ができます。旅程に余裕があるならまだしも、日本から飛行機を乗り継いで来て滞在が2〜3日しかないのに炎天下で2時間並ぶなんて、すごく時間がもったいないし、無駄に体力を消耗してしまうだけだと思います。入場の予約が事前にできるなら是非それを活用して、極力並ばずに観光しましょう。

天下のサグラダファミリアは行列も天下一!

スペインに来る旅行者が訪れたい見どころのナンバー1はサグラダファミリアではないでしょうか。ハイシーズンには朝9時の開館前から入場待ちの行列ができ、2時間待ちなんてざら、さらに入場時に予約する鐘楼に登るエレベーターがまた2時間待ち、あるいは売り切れなんてこともあります。4時間の待ち時間を回避するためにも、ここはインターネットでの事前予約を強くお勧めします。教会のみ、または鐘楼のエレベーターつきなど各種チケットが予約できて、日本でチケットを印刷してくれば予約窓口から指定の時間にすぐ入場できます。

アルハンブラ宮殿は並んでも入れない!

もうひとつの外せない見どころ、グラナダのアルハンブラ宮殿。こちらは並べば入れるというものではありません。一番の見どころであるナスル宮は30分毎の入場者数が厳しく制限されているので、定員を超えた場合、その日はもう入場できないのです。窓口でまだ残っている当日券を買うために朝一で並ぶ人もいますが、ハイシーズンだとかなり難しいと思います。インターネットで予約したら、予約時に入力したクレジットカードを使って宮殿のチケット売り場の機械または町なかのLa Caixaという銀行のATMで発券することができます。

バルセロナカードやアートチケットの活用

バルセロナで美術館巡りをしたい人は、バルセロナカード(2、3、4、5日券があり、市内の交通機関無料、20以上の美術館が無料などの特典あり)またはアートチケット(3ヶ月有効で主要な6つの美術館に入場できる)を利用するといいでしょう。数ある美術館の中でもピカソ美術館は特に人気で、いつもチケット窓口に長い行列ができています。バルセロナカードもアートチケットもピカソ美術館が含まれているので、並ばずに専用入り口から入館することができますよ。これらのカードはインフォメーションセンターで購入できます。