見所が集まるモンジュイックの丘

スペインのバルセロナ市西側にある小高い丘、モンジュイック。緑が多く、自然の残るこの丘へ、足を伸ばして出かけてみませんか。交通手段は様々あり、地下鉄「スペイン広場」駅から市内バスに乗るか、地下鉄「パラレル駅」からケーブルカー(フニクラ)で行く、若しくはビーチの方からロープウェイで展望台まで行くことも可能です。また、ツーリストバスのルートでも通ります。この丘には見所がたくさんあり、全部を回るには1日がかりになるでしょう。行きたい場所によって、交通手段を選んだり、帰りは違った方法で降りてくるのも面白いかと思います。

バルセロナにあるモンジュイックの丘にはこんな魅力が詰まっている バルセロナにあるモンジュイックの丘にはこんな魅力が詰まっている

モンジュイック城からの絶景

まず、モンジュイック城まで行くには、ゴンドラに乗ることをお勧めします。ケーブルカー駅を出てすぐに乗り場があり、そこからゴンドラに乗れば約10分で丘の頂上まで連れて行ってくれます。その移動中に市内が一望でき、晴れた日はその絶景を見るだけでも、乗る価値があるでしょう。年間300日以上晴れるバルセロナなので、アタリ確率は高いですよ。モンジュイック城が、丘の一番高い所に要塞として築かれたのは、18世紀のこと。現在、軍事博物館として公開されています。もちろん、着いてからも市内の景色が大パノラマで眺めれれますよ。

美術館が集まる文化的なエリア

バルセロナ生まれのジョアン・ミロの美術館もあります。市内の至る所に彼のデザインを見かけることができますが、美術館はその集大成。8歳のときのドローイングから、1983年に亡くなるまでの作品が所蔵されています。彼はマヨルカ島で亡くなりましたが、その遺骨が埋葬されているのはこの丘です。色彩鮮やかな絵画のみならず、彫刻類もユーモラスな彼らしい作品群が見られます。また、オリンピック・スポーツ博物館、カタルーニャ考古学博物館、民俗学博物館など、ミュージアムが集まっていて、カタルーニャ文化に触れられるエリアです。

夜は幻想的な噴水ショーを楽しむ!

また、カタルーニャ美術館前には大きな噴水があり、毎週末(1月を除く)に噴水ショーが行われています。音楽のリズムに合わせて、湧き上がる水に、色の光があたり、とても幻想的です。私が好きなのは、クラッシック音楽バージョンですが、20分程のショーの後休憩を挟み、次はジャズ、ポップス、と曲調も変わります。曲に合わせて、光や水の動きも変幻していくので、飽きることなく、見ごたえがあります。夜遅くまで楽めるエリアですが、人混みや地下鉄での帰りには、スリなどに十分気をつけましょう。