どの券種を選ぶのがおすすめ?

普通のチケットは下の方にある「Sagrada Familia」です。2014年7月時点で14.80ユーロ(約2100円)です。しかしおすすめは、「Sagrada Familia And Visit to the Towers」です。19.30ユーロ(約2740円)しますが、このチケットを買うと、塔の上まで上ることができるのです。あとはオーディオガイド付きやガイド付きの値段が書いてありますが、日本語はないので、選ばなくてもいいでしょう。

ガウディの傑作、世界遺産のサグラダ・ファミリア攻略法「チケットの買い方・入場」編 その2 ガウディの傑作、世界遺産のサグラダ・ファミリア攻略法「チケットの買い方・入場」編 その2

訪問日の日付と時間をまず決める

購入画面に進みましょう。左側に「Select Date」のカレンダーが出てくるので、行く日付を選びましょう。そうすると下に入場時間が出てきます。そこから希望時間をセレクトしてください。チケットマークの横にある数字が、チケットの残り枚数です。入場時間は15分おきで、入れる人数が制限されています。夏場は、前日にはいい時間帯のものは売り切れてしまうこともあるので、早めにチケットをとりましょう。次にチケットの枚数です。11歳以下の子供は無料ですが、「必ず無料のチケット」が必要になるので、ここでチケットを手に入れるのを忘れないでください。うっかり忘れると子供が入れなくなります。また11〜17歳の子供は割引料金が設定されています。

どちらの塔に上るか選ぶ

さあ、それらをチェックすると、トータルの料金が出てきます。大人2人、割引の子供1人、無料の子供1人なら55.90ユーロ。8000円近くの出費ですが、せっかくここまで来たのだから楽しみたいものです。塔に登るチケットの場合は、「Next」ボタンを押すと塔に上る時間を指定する画面に移ります。こちらのほうが発券枚数が少ないので、希望日に枚数がゼロということもザラです。塔に上る場合は、少なくとも2日前までには発券したほうがいいようです。この部分は、画面で「受難の塔」「生誕の塔」のどちらかを選び、さらに時間を指定することになっています。

塔に上る時間指定の注意

注意しなければならないのが、入場してすぐに塔に上る時間を指定できないことです(30分後以降)。まあ、見学には1時間はかかるので、1時間から1時間半後ぐらいを指定すればいいのではないでしょうか。それができたら、今度はクレジットカード情報などを打ち込む画面へと進みます。(その3に進む)