花火大会は短時間集中型

たくさんあるメルセー祭りのイベントでも、私のお気に入りは花火大会です。暗くなった夜の22時からバルセロネータのビーチで行われます。近い距離で上げるので、目の前で見られる花火はかなりの大迫力で楽しめます。カタルーニャの花火だけでなく、海外の花火も一緒にあげられるのが面白いです。2014年は、日本の花火も上がったので、個人的にはうれしかったですね。また、メルセー祭りの最終日(9月24日)だけは、スペイン広場で行われます。この日だけ、場所が変わるので要注意ですよ。

バルセロナ最大の祭りメルセーでは、イベントスケジュールを要チェック!(2) バルセロナ最大の祭りメルセーでは、イベントスケジュールを要チェック!(2)

火花を浴びて、体感する熱い祭り

たくさんイベントがあるので、それぞれ人によってお気に入りイベントが異なるものです。私は1度参加して懲り懲りしたのですが、友人は毎年参加するほど気に入っているイベントが「コレ・フォック(Corre foc)」。12世紀から始まった「悪魔の踊り」で、ドラゴンや悪魔が大量の花火と爆竹を振り回いてパレードして行きます。ただ見ている観客にも近づいて、花火を浴びせてくるのでかなり怖かったです。しかし、面白がってその火花へ飛び込んで行く人もいます。興味がある人は、化せんだと燃えてしまうので、綿の服を着て参加しましょう。

朝まで盛り上がるライブ

いろんなイベントを見に行きましたが、地元の若者が一番多く集まっているのは、夜通し行われる音楽ライブ。中心地の各広場でも様々なライブが行われますが、特に町の東にあるフォーラムの野外ライブが人気です。22時から朝方までカタルーニャ地方のバンドや海外歌手が、続々とライブを行います。私も毎年行きますが、会場では若者に混ざって踊り、まるでクラブ状態です。会場は繋がって3箇所あり、興味がなくなればすぐ隣の会場へ移動できるので、好みの音楽が見つかると思いますよ。

流行のプロジェクション・マッピングもあります

ここ最近の恒例の一つに、プロジェクション・マッピングが登場してきました。ジャウメ広場に建つ市庁舎の建物に一晩で4回ほど行われます。毎年いろんなアイデアが使われ、映像も話も面白いので、欠かさず見に行きます。なんと、2年前はバルセロナのシンボルでもあるサグラダファミリアに映し出されたのです。その際のデザインを担当したのが、シルク・ドゥ・ソレイユの演出を手がけている会社の企画だったので、かなり話題になりました。お得情報はまだ続きます。