現代建築の奇才フランク・ゲーリーとは

みなさんはフランク・ゲーリーという建築家を知っていますか?建築界のノーベル賞と呼ばれるプリツカー賞をはじめ、数々の賞を受賞しているカナダ出身の現代建築家です。スペインでは、バスク地方の都市ビルバオにある「グッゲンハイム美術館」が彼の作品です。シルバーに輝くチタンの板が張られた、ぐねぐねとした曲線が印象的な近未来的な建物と、小熊にも見える(笑)子犬のオブジェで有名です。また日本では、神戸のメリケン・パークにある「フィッシュ・ダンス」もゲーリーの作品です。

建築界の奇才フランク・ゲーリーがデザインしたホテルでワイン三昧 建築界の奇才フランク・ゲーリーがデザインしたホテルでワイン三昧

F・ゲーリーがデザインしたラグジュアリーホテル

バスク地方にはもうひとつ彼がデザインした建築物があります。5つ星のラグジュアリーホテル「ホテル・マルケス・デ・リスカルHotel Marques de Riscal」は、グッゲンハイム美術館のあるビルバオから車で南へ約1時間30分、ワインの産地として知られるエルシエゴのワイナリーの中にあります。太陽の光に輝くチタンとステンレス鋼の帯がくねくねとヘビのように石造りの建物に絡みついているような、あるいは銀色の波のようにも見える外観は、この小さな町の中でものすごい異彩を放っています。うねる壁や傾いた窓などユニークな客室もゲーリーの手によるもので、現代建築ファンじゃなくても一度は泊まってみたいホテルです。

ワインの産地として名高いリオハのワイン複合施設

ホテルのあるエルシエゴは、赤ワインで有名なリオハ地方に位置します。150年の歴史を持つ、リオハ最古のワイナリーであるマルケス・デ・リスカル社が手掛けたこのホテルは、広大な敷地を有する同社の複合施設のひとつです。2006年の施設のオープン時にはスペイン国王もセレモニーに出席しました。敷地内には、ホテルのほかにマルケス・デ・リスカルのワイナリー、2つのレストラン、スパ、ルーフ・トップ・ラウンジ、ワイン・バー、ショップなどが含まれます。レストランでは、リオハの誇る自慢のワインとともにバスク伝統料理を現代風にアレンジした料理が楽しめます。

一度はこんな贅沢してみたい!

ホテルに泊まらなくても、ワイナリーの見学やレストランでの食事、スパのトリートメントなど、ホテル以外の施設を利用することができます。スペイン王室ご用達の歴代のワインが静かに眠るワイナリーの中を見学すると、そのコレクションの数に圧倒されます。また、これまでにいくつもの賞を受賞しているスパでは、ワインを作る際に出たブドウの搾りかすやグレープシードオイル、ワイン酵母など、ブドウ由来の天然の素材を使ってのトリートメントを受けることができます。美しいブドウ畑の中で厳選された一級のワインとグルメ、エステを楽しみながら、奇才F・ゲーリーのホテルにステイ。ラグジュアリーな旅をお探しの方におすすめです。