ブルゴス旅行・ブルゴス観光徹底ガイド

ブルゴス旅行・ブルゴス観光徹底ガイド

ブルゴス旅行・観光の見どころ・観光情報

ブルゴスは、世界遺産のサンチアゴ巡礼路にある中世の城下町。この町の最大の見どころは、完成までに3世紀を要したといわれるカテドラルだ。レコンキスタの英雄エル・シッドが埋葬されており、世界遺産にも登録されている。丘の上にあるブルゴス城からはブルゴスの町並みが一望でき、おすすめ。また、気候の良いシーズンであれば カフェテラスが並び、地元の人々でにぎわう川沿いの遊歩道の散策が楽しい。町から西へ約1.5kmのウエルガス修道院は、ガイド付ツアーでのみ見学可能だ。(2016年9月編集部調べ)

ブルゴスへ行くツアーを見る

言語 通貨 レート(2017/07/27現在) フライト時間 現地との時差
スペイン語 EUR 1 EUR = 130.1973 JPY 約16.5時間 約-8時間

ブルゴスの人気問合せ情報

ブルゴスの最安値カレンダー

ブルゴス旅行・観光の選び方

中世の英雄エル・シッドが眠る、スペイン・ゴシック様式の最高傑作カテドラルは必見

中世スペインの佇まいを残す城下町ブルゴスへのツアーは、マドリードからサンチアゴ・デ・コンポステーラまで、スペイン北部に点在するサンチアゴ巡礼路の要所を巡るものとなる。ツアー期間は8日前後。世界遺産に登録され、スペイン三大カテドラルに挙げられるブルゴスのカテドラルは必見だ。古都ブルゴスの街並みは落ち着いた美しさがあり、サンタ・マリア門やカテドラルの夜景もおすすめだ。ブルゴス名物のモルシージャは血入りのソーセージだが、生臭さはなくスパイスが効いている。恐れずに試してみてほしい。(2016年9月編集部調べ)


ブルゴスのグルメ・伝統料理

内陸に位置するカスティーリャ地方の街らしく、ブルゴスの伝統料理はお肉料理が多く楽しめます。おすすめは子羊のロースト(Lechazo de Castilla y Leon)とモルシーリャ(Morcilla de Burgos)と呼ばれるブラッドソーセージ。是非お試しを!ここのモルシーリャは米と豚の血と香辛料が入っていてクセがなく、たっぷりのオリーブオイルで揚げ焼きをしたもの。ちょうど焼きおにぎりのような芳ばしい風味がして美味い。また食事の際には好んでニンニクのスープが食されます。(2015年編集部調べ)

ブルゴスのショッピング情報

ブルゴスはグルメ食材が沢山!ブルゴス一帯は世界的に注目を集めているワイン産地。Ribera del Duero(リベラ・デ・デュエロ)は、濃厚な赤ワインが特徴でお土産にでも最適です。ワイン専門店も多く、お気に入りのワインが見つかるでしょう。Orujo(オルホ)は、ブドウの搾りかすから作られる蒸留酒。主にスペイン北部の名産で食後酒としてよくスペインで飲まれているグラッパです。また陶器、アクセサリーなどの工芸品もお勧めです。(2015年編集部調べ)

ブルゴスの気温・降水量ベストシーズン情報

天気は一年を通して低温傾向で、冬の寒さが厳しい地方。冬は零下になり冷え込みが厳しいので、服装はしっかりとした防寒の準備を。(2015年編集部調べ)

ブルゴスのオススメツアー

ブルゴス旅行・ブルゴス観光徹底ガイド

3件ヒットしました (2旅行会社 22.46〜72.80万円)
  • 1|

合算燃
目安
22.46
25.66

旅行代金: 21.30〜 23.80

燃油目安燃: 1.16〜 1.86

8日間

成田発

ホテル:
グラン・アトランタ、カビルド、テンプル・リオソル、ローザ・ロザエ
航空会社:
エールフランス航空(時間帯指定なし)

旅行会社/ブランド: ファイブスタークラブ☆

合算燃
目安
22.46
25.66

旅行代金: 21.30〜 23.80

燃油目安燃: 1.16〜 1.86

8日間

大阪発

ホテル:
グラン・アトランタ、カビルド、テンプル・リオソル、ローザ・ロザエ
航空会社:
エールフランス航空(時間帯指定なし)

旅行会社/ブランド: ファイブスタークラブ

合算燃 72.80

旅行代金: 72.80

燃油燃:旅行代金に含まれています

10日間

羽田発

スペイン・フランス (トゥールーズ、ルルド、パンプロナ他) ツアー

ホテル:
パラドール・デ・レオン、パラドール・デ・サンティアゴ・デ・コンポステー…
航空会社:
ルフトハンザ ドイツ航空(日本発:午後)

旅行会社/ブランド: ルックJTB

3件ヒットしました (2旅行会社 22.46〜72.80万円)
  • 1|


ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


page top