ブルゴスショッピング・お土産ガイド

ブルゴスショッピング・お土産ガイド

ブルゴスのショッピング情報

ブルゴスはグルメ食材が沢山!ブルゴス一帯は世界的に注目を集めているワイン産地。Ribera del Duero(リベラ・デ・デュエロ)は、濃厚な赤ワインが特徴でお土産にでも最適です。ワイン専門店も多く、お気に入りのワインが見つかるでしょう。Orujo(オルホ)は、ブドウの搾りかすから作られる蒸留酒。主にスペイン北部の名産で食後酒としてよくスペインで飲まれているグラッパです。また陶器、アクセサリーなどの工芸品もお勧めです。(2015年編集部調べ)


ブルゴスの特産品・ブランド

Teodoroは、1860年創業の老舗帽子ショップ。Jorge Revillaは、地元ブルゴス出身の世界的なジュエリーデザイナーのショップ、などがあります。Casa Quintanillaは、地元の食材を扱っているショップでお土産になりそうなものがあります。カテドラルなどの観光地周辺ではお土産物店も多く、貝や巡礼者、ヤコブ、魔除けの魔女などのピンバッチもあります。ブルゴスはサンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路です。

ブルゴスの市場・免税店・お買い物スポット

ブルゴスでのショッピングは、カテドラル周辺やCalle Paloma(パロマ通り)、Plaza Mayor(マヨール広場)がおすすめです。お土産物店、老舗の帽子ショップ、ジュエリーショップ、地元産の食材や特産品を扱っているショップ、レストランやバルがあります。また様々な伝統工芸品も見つけることができます。観光スポット、カテドラル、ブルゴス博物館、ウエルガス修道院内のショップでもオリジナルのお土産に出会えるかもしれません。


ブルゴス旅行で知っておきたいクレジットカード情報 (更新日:2015/04/27)


■カードひとくちメモ

日本よりもカード(Visaなどの大手国際ブランドのクレジット、デビット、トラベルプリペイド)の使用頻度が高いバルセロナ。ショッピングセンターやスーパー、レストランやバル、果ては駐車違反の罰金までほとんどの場合で少額からカードが使えます。多額の現金を持ち歩くのは危険なので、支払いはできるだけカードで済ますのがおススメ。また欧州では、ICチップ付きカードが普及しているので、チップ付きカードを携行しましょう。

国際空港 から市内への交通では、空港バスは券売機でカード使用可能。RENFE(国鉄)でもカードが使用できます。

地下鉄でもカードが使えます。一般の路線バスは乗車時に運賃を支払う場合は現金のみですが、バスや地下鉄、国鉄近郊線などの共通回数券なら、地下鉄の券売機で販売されているので、カードOK。

また、ガウディ建築やミュージアムなど、有名な観光名所の入場券もカード支払い可。ただし、小さな個人商店、キオスク、郵便局や小さいミュージアムでは現金決済。タクシーでも現金が必要です。現金が必要な時は、ATMを活用しましょう。両替所に並んだり、パスポートを提示したりする必要がなく、24時間対応なので、手間と時間の節約にもなり便利です。Visaなどの国際ブランドマークが入っている現地ATMであれば、カードを使って現金が引き出せます。

国際空港内のうち、日本からのフライトが発着するのはT1(ターミナル1)。ATMが設置されているのは、到着フロアのカフェテリア周辺、バス乗り場へ続くスロープのあたりなど。出発フロアの手荷物検査ゲート周辺、コントロールエリア内にもあります。

バルセロナ市内のいたるところにもATMはあります。銀行内のATMスペースは内側からカギをかけることができるので、安心。操作中はカギをかけておくのが無難!

ATMから現金を引き出す際にはPIN(暗証番号)が必要です。忘れてしまった場合は出発前にカード発行会社に問い合わせを(確認には10日程度かかります)。また、クレジットカードの場合、海外キャッシングの可否とカード利用限度額をあわせて確認しておきましょう。


ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


ブルゴスショッピング・お土産の情報が満載の徹底ガイド。在住ガイドによるブルゴスの特産品やクレジットカード、アウトレット情報が満載。
ブルゴスのショッピング・お土産なら、日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードで!