大西洋をひとり占めできるレストラン

カディスは、ヨーロッパのなかでも歴史が古い古代からある都市のひとつ。歴史を感じる町並みと大西洋に面した立地は、世界中の観光客から人気です。カディスの観光地は、旧市街地にまとまっているので徒歩でまわれて便利です。大聖堂や城跡、美術館、博物館などの見どころをまわって小腹が空いたら、おすすめしたいのがカレータビーチ(Caleta Beach)にある「バル・クラブカレータ(Bar Club Caleta)」です。

大西洋を見渡せるテーブル席 大西洋を見渡せるテーブル席

ビール一杯から着席できる

カディスの最西端にあるサンタ・カタリーナ城から南に5分ほど歩いていくと、海岸に降りていく階段があります。下をのぞくと、どこまでも続く大西洋の絶景を見ながらランチを食べている人たちが真下に。階段を下りてみると、レストランの通路の両側にテーブルが並び、目の前は大西洋。開放的な雰囲気のなか、獲れたてのエビやイカなどの魚介類がおいしいレストランです。食事もドリンクも豊富なメニューのなかから選べ、魚介は時価で新鮮そのもの。サラダは4ユーロなど、リーズナブルな価格設定もうれしいところ。ビール一杯(1.6ユーロ)だけでもテーブルにつけるので、歩き疲れたらカフェがわりに利用するのもおすすめです。

着いたらまずは席の予約を

大西洋を一望できる絶景が一番の「ごちそう」のレストランは、食事時になれば地元の住民や観光客でにぎわいます。ビールとタパスだけを楽しむお客さんも多いので、満席でもさほど待たずに席に着くことができるのもスペインのいいところ。満席の場合でも、予約をしておけば目の前にあるカレータビーチを散歩している間に名前を呼ばれます。夏(6〜8月)は混んでいることが多いビーチですが、それ以外の季節は空いていて快適そのもの。波が穏やかな白い砂浜のビーチです。ビーチは西に位置しており、サンセット時にはカップルや家族がどこからともなく現れます。海岸に座って夕日を眺めている彼らさえも絵になります。ビーチ脇にはシャワーも併設されているので、海水浴をしたあとで水着のままレストランに直行できるのもうれしいですね。海とビールがあるだけで、十分に贅沢な時間を過ごせるカレータビーチ。カディスにきたら、ぜひ足を運んでみてくださいね。