スペインでもっとも美しい村に選ばれた、フリヒリアーナ

絵本の中から出てきたような、とよく例えられる白い村フリヒリアーナを訪れました。場所はスペインの南、アンダルシア地方です。スペインの「もっとも美しい村」にも選ばれたこともあります。灼熱の太陽がふりそそぐアンダルシア地方では、家々の壁が真っ白に塗られているのをよく見かけます。なぜ白いのでしょう。それは太陽の光を反射させ、室内の温度が上がらないようにしているのです。日差しの強いこの地方ならではの工夫です。

どこにカメラを向けても、絵になる白い村フリヒリアーナ どこにカメラを向けても、絵になる白い村フリヒリアーナ

散策するだけで、楽しくなる村

フリヒリアーナには、歴史地区と新地区があります。まずは、歴史地区へ向かいましょう。この村は特に大きな観光スポットがあるわけではありませんが、村を散策しているだけで楽しくなります。車が一台通れるかどうかくらいの狭い通りが、くねくねと曲がっては伸びていきます。あてなく歩いていると、道に埋め込まれた丸石で模様が描れていることに気がついたり、建物の中に迷い込んでブーゲンビリアの花々で彩られたパティオ(中庭)に出遭うなど、うれしい遭遇がありました。

休憩するなら、レアル通りとサン・アントニオ広場前

どこにカメラを向けても、絵になる風景。どこの家の壁も真っ白なのに、玄関扉や窓枠に使われている色は自由に選べるようです。パステル調だったり、目が覚めるような青が使われていたりと、カラフルな色どりがかわいい!!人懐っこい猫たちがモデルになってくれるので、いい写真がたくさん撮れました。散策に疲れたら、土産物屋に立ち寄ったり、バルで休憩しましょう。坂も多い村なので、1周25分で村を案内してくれるミニ・トレンを利用してもいいでしょう。

素晴らしい展望! 新地区から、白い家々を眺めよう!

旧地区で展望のいい場所は、ミラドール・レストランを目指して坂を上りましょう。その辺りからネルハの町の方を眺めると、遥か地中海までのパノラマが広がっています。とても素晴らしい展望でした。また逆に、名物の旧地区を撮影するなら、新地区側へ回ります。サン・セバスチャン通りを下っていき左手へ曲がると、山沿いの段々に並ぶ白い家々の風景を撮影できますよ。(後編へ続く)