スペイングルメ・料理ガイド

スペイングルメガイド

スペインのグルメ・伝統料理

クリックで拡大表示
 

スペインはグルメの宝庫。肉類、米料理、魚介類と食材も豊富で、調理方法もさまざま。マドリードでは煮込み料理やアサードと呼ばれるグリル、地中海沿いではパエリア、アンダルシア地方ではタパス(小皿料理)、ガリシア地方ではシーフード、バスク地方ではピンチョスなど、各地方に様々な郷土料理があるので、行った旅先でいろいろ試してみるのもいい。また、地方ごとのローカルワインやお酒類が豊富なので、食事にあわせて一緒に楽しむことができる。(2015年編集部調べ)


スペインの食事のマナー

スペインの昼食は14〜16時、夕食は21〜23時と日本より2時間ほど遅い時間にとる習慣がある。レストランはそれに合わせて開くので、開店時間に注意が必要。その間はバルで軽食をとることが可能で、うまく利用するといい。スペインはマナーにはうるさくないが、レストランではスープなどを音を立てて食べることを嫌う。食べ物を残すことはマナー違反ではない。また、高級レストランではドレスコードのあるお店もあるので注意が必要だ。


現地ガイド発!スペインのグルメ・料理最新情報

2017/02/27 グルメ

美食で話題のスペイン・バスク地方。州都ビルバオでピンチョスが美味しいバル4選(後編)

スペイン旅行イメージ-バスクに来たらチャコリは絶対に飲みたい バスクに来たらチャコリは絶対に飲みたい

前編からの続きです。ビルバオ市街の中心地は、ビルバオ駅からモユア広場にかけてのエリアとなります。特にメトロのモユア駅周辺はおしゃれな店も多く、ショッピングをするならこのあたりを歩くことになります。そのモユア駅からすぐ近くにあるのが、抑え目の照明とアンティークな内装が面白い「エル・グロボ(El Globo)」です。店内は広くはありませんが落ち着いた雰囲気で、恋人やご夫婦で旅行されている方にぴったりかもしれません。個人的にここで美味しかったのはホワイトソースを使ったタイプのピンチョス。味付けはもちろん、焼き加減もちょうどよくて、油断していると止まらなくなりそうでした。街歩きの際にちょっと寄ってみる…続きを見る



スペインのグルメスポット


ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


スペイングルメ・料理の情報が満載の徹底ガイド。在住ガイドによるスペインの伝統料理や食事のマナーなど情報が満載。
スペインのグルメ・料理なら、日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードで!