アルハンブラ宮殿に行くバスは『C3』

2014年6月から大幅に変わったグラナダの路線バスの体系ですが、アルハンブラ宮殿やアルバイシン地区に行くアルハンブラバスも若干変更がありました。まずアルハンブラ宮殿に行くバスですが、番号は『C3』になりました。今まではグランビア・デ・コロンのカテドラル前から乗車しましたが、現在はグランビア・デ・コロンの突き当たりにあるイサベル・ラ・カトリカ広場の、イサベル女王の像の後ろから出発します。料金は1.20ユーロです。乗車時に運転手からチケットを購入します。

大幅に変わったグラナダの路線バスルート最新情報【アルハンブラ宮殿・アルバイシン】 大幅に変わったグラナダの路線バスルート最新情報【アルハンブラ宮殿・アルバイシン】

降りる停留所はどれ?

イサベラ女王像の後ろを出発したC3のバスは、狭い坂道を上ってホテル・アルハンブラ・パレスの横を通り(ホテル・アルハンブラ・パレスに宿泊する人は「Auditorio Manuel de falla」で下車)、アルハンブラのチケットセンターそばに停車します(停留所:「Alhambura-Generalife 2」)。チケットの購入など、チケットセンターに行く必要のある人や、ヘネラリフェから観光を始める人は、ここで下車します。すでにチケットを持っている人でナスル宮やアルカサバから観光を始める人はここで下車せずに、裁きの門に近い、ふたつ先の停留所「Puerta de Jusica」で下車しましょう。

アルバイシン地区に行くバスは『C1』

中心部からアルバイシン地区に行くバスは『C1』です。通常はグランビア・デ・コロンのカテドラル前の停留所「Catedral」か、ヌエバ広場の横の停留所「Plaza Nueva」から乗車します。小さなバスなので、席に座りたい人はカテドラル前から乗るといいでしょう。通常はそのまままっすぐ進んでダロ川沿いのダロ通りを通り、急坂を上ってアルバイシン地区に入るので、サンニコラス展望台の下の停留所「Plaza de San Nicolas」で下車します。展望台でサンセットとライトアップを見たら、同じ停留所からC1に乗ればカテドラル前に戻れます。

急にルートが変更になる!?

ところが、お祭りなどイベントがあるときは、このC1のルートが変わることがあります。ヌエバ広場からUターンしてグランビアを通り、ムルシア自動車道を通ってアルバイシンの上から坂を下りていくのです。私がC1に乗った時はこのルートだったので、ルートマップと違うために焦りまくりました。どこで降りたらいいかもわからずにいましたが、どこかの停留所で運転手が「ここで降りてああ行ってこう行けばいい」と乗客たちに教えたので、人々の流れについて行って無事サン・ニコラス展望台にたどり着くことができました。いずれのルートでも、サン・ニコラス展望台の近くで運転手が教えてくれますので、慌てなくても大丈夫です。アルハンブラ宮殿のサンセットの絶景を楽しんでください。