page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

スペインの世界遺産・名所ガイド

Cave of Altamira and Paleolithic Cave Art of Northern Spain

アルタミラ洞窟とスペイン北部の旧石器時代洞窟壁画

名称:アルタミラ洞窟とスペイン北部の旧石器時代洞窟壁画(スペイン
英語名称:Cave of Altamira and Paleolithic Cave Art of Northern Spain
ジャンル:世界遺産/観光スポット
分類:文化遺産
登録年:1985年

高度な描写技術で描かれた岩壁画群

天井や壁に描かれた野牛、シカ、ウマ、オオカミ、イノシシ……。1879年、弁護士で古美術の収集家であるマルセリーノ・サンス・デ・サウトゥオーラが発見したのは、紀元前2万?前1万3500年の旧石器時代に描かれた洞窟壁画だった。場所はスペイン北部のサンティリャーナ・デル・マール村、アルタミラ洞窟。壁画は獣脂に黄土と木炭、マンガン酸化物などを溶いたもので描かれ、岩肌の凹凸を生かし、黒い線でアウトラインを明確にしたり、ボカシの技術を使って立体感を出すなど、高度な技術が用いられている。人間の出入りによって著しく壁画が傷むことがわかり、現在は洞窟内に入場はできないが、大切に保存して後世に残したい世界遺産だ。

ここに行くツアーを探す

世界遺産を知ってもっと旅を楽しもう
情報提供:世界遺産検定 http://www.sekaken.jp/

現地ガイド発!スペインの世界遺産最新情報

2018/09/27 世界遺産

2017年一般公開された!ガウディの初期の作品 Casa Vicens (カサ ビセンス)

スペイン旅行イメージ-GAUDIがはじめて手掛けたCASA VICENS GAUDIがはじめて手掛けたCASA VICENS

未完の教会サグラダ・ファミリアで知られるアントニオ・ガウディ。現在でもサグラダ ファミリアは完成にむけ、工事が続いていますが、バルセロナ市内には他にも多くのガウディの作品が残され、アントニ・ガウディの作品群として世界遺産に登録されています。バルセロナの観光でもっとも人気のスポットとなるほど多くの人が訪れ、ほかのモデルニズムの建築物とともに美しいバルセロナの街を彩っているのです。続きを見る



世界遺産検定

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


スペインの世界遺産「アルタミラ洞窟とスペイン北部の旧石器時代洞窟壁画」についてご紹介します。アルタミラ洞窟とスペイン北部の旧石器時代洞窟壁画の観光ができるツアープランもあわせてご紹介。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。