世界遺産「サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路(サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路)」の詳細情報

スペインの世界遺産・名所ガイド

Route of Santiago de Compostela

サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路

名称:サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路(スペイン
英語名称:Route of Santiago de Compostela
ジャンル:世界遺産
分類:文化遺産
登録年:1993年

巡礼者のために整備されたスペイン国内の道のり

世界でも珍しいこの「道の世界遺産」は、フランスからスペイン北西部を横断し、イベリア半島の最西端に至る聖なる道である。11世紀に始まった巡礼は、12世紀の最盛期、民間人から王侯貴族まで年間50万人を数えた。彼らが目指したのは、聖ヤコブが眠るとされたサンティアゴ・デ・コンポステーラ大聖堂。「聖ヤコブの霊廟に詣でれば、すべての罪は免罪される」との信仰が、人々を巡礼の地に向かわせた。行き交う者の中には商人や職人なども含まれ、巡礼路沿いは文化交流の拠点としても発展。また道に沿ってロマネスク様式の聖堂や修道院が多数建てられ、その数は現存するだけでも1800を超える。

ここに行くツアーを探す

世界遺産を知ってもっと旅を楽しもう
情報提供:世界遺産検定 http://www.sekaken.jp/

現地ガイド発!スペインの世界遺産最新情報

2016/08/19 世界遺産

スペインの隠れた世界遺産、エルチェの椰子園

スペイン旅行イメージ-7本の幹を持つ皇帝の椰子 7本の幹を持つ皇帝の椰子

国際的なリゾート地のバレンシア州アリカンテから各駅列車で30分弱のところに、ユネスコの世界遺産に登録されている椰子園がある町エルチェがあります。エルチェは日本では必ずしも有名な町ではありませんが、バレンシア州で人口第3位とそれなりに大きな町で、観光スポットの椰子園があちこちに点在しているため、何も知らずに訪れるとどこへ行っていいかわからなくなってしまうかもしれません。今回は主に日帰りの方向けに、エルチェのおすすめ椰子園を2つご紹介します。続きを見る



世界遺産検定

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


スペインの世界遺産「サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路」についてご紹介します。サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路の観光ができるツアープランもあわせてご紹介。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。