世界遺産「ボイ渓谷のカタルーニャ風ロマネスク様式教会群(ボイ渓谷)」の詳細情報

スペインの世界遺産・名所ガイド

Catalan Romanesque Churches of the Vall de Boi

ボイ渓谷のカタルーニャ風ロマネスク様式教会群

名称:ボイ渓谷のカタルーニャ風ロマネスク様式教会群(スペイン
英語名称:Catalan Romanesque Churches of the Vall de Boi
ジャンル:世界遺産
分類:文化遺産
登録年:2000年

イスラム勢力の支配を逃れた辺境の地の聖堂群

カタルーニャ州リェイダ県のピレネー山脈にあるこの渓谷には、イスラムの勢力が及ばず、初期ロマネスク様式の聖堂が多数残されている。この地方は銀の一大産地として繁栄し、11〜14世紀に多くの富がもたらされ聖堂群の建造に費やされた。その建設にはロンバルディアから持ち込まれた最先端の建築様式(ロマネスク様式)が採用された。世界遺産に登録された聖堂は9つで、中でも、1123年にタウル村に建設されたフレスコ壁画で有名なサン・クリメン聖堂の規模が大きく、保存状態も良好だ。ほかにサンタ・マリア聖堂(タウル村)、サント・フェリウ聖堂、サント・ホアン聖堂、サンタ・エウラリア聖堂、聖母被昇天聖堂、サンタ・マリア聖堂(カルデ村)、ナティビター・デ・ラ・マレ・デ・デウ聖堂、サント・キルクの庵がある。このほかにも、渓谷沿いにはロマネスク様式の宗教建造物の遺構が残っている。

ここに行くツアーを探す

世界遺産を知ってもっと旅を楽しもう
情報提供:世界遺産検定 http://www.sekaken.jp/

ボイ渓谷に関する写真

現地ガイド発!スペインの世界遺産最新情報

2017/05/21 世界遺産

スペインの世界遺産トレドは、街歩きが楽しい!

スペイン旅行イメージ-トレドの街並み トレドの街並み

スペインの地図を開いてみてください。ちょうど真ん中あたりに位置するのが世界遺産の町トレドです。イベリア半島を征服した西ゴート王国の時代に首都になったり、一時、イスラム教国に支配されたのちには、レコンキスタ(国土回復運動)の重要地点となっています。ここがヨーロッパの西端で、キリスト教勢力とイスラム教勢力が拮抗した町の一つだったのですね。首都のマドリードからは南へ80キロほど。バスも出ていますが、ぜひとも列車移動がおすすめです。マドリードのアトーチャ駅は駅構内が、まるで熱帯植物園ようになっており、植物が繁茂し池には亀が飼われています。ガラスでできている箇所が多いために、冬でも構内は暖かです。そして…続きを見る



「ボイ渓谷」を含むツアー一覧


最安料金万円

合算 目安 31.06万円33.06万円
旅行代金: 29.9031.90万円
燃油目安: 1.16万円
9日間
羽田発

スペイン ツアー

ピレネー山脈大縦断スペシャル!!☆圧倒的な大自然ガヴァルニー大圏谷&素朴で幻想的な初期ロマネスク教会群☆山間の知られざる美しい小国・アンドラ…

ホテル:グロリア&アベニュー・ホテル(ルルド)、…
航空会社:エールフランス航空 指定

日程表を見る

...タイム 午後:アインサ<バス>ボイ渓谷<バス>ビエリャ<バス>アンド......します。 ピレネーの麓、美しいボイ渓谷を訪れます。ここにある貴重な教...

旅行会社/ブランド:ファイブスタークラブ☆


世界遺産検定

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


スペインの世界遺産「ボイ渓谷のカタルーニャ風ロマネスク様式教会群」についてご紹介します。ボイ渓谷のカタルーニャ風ロマネスク様式教会群の観光ができるツアープランもあわせてご紹介。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。