世界遺産「ボイ渓谷のカタルーニャ風ロマネスク様式教会群(ボイ渓谷)」の詳細情報

スペインの世界遺産・名所ガイド

Catalan Romanesque Churches of the Vall de Boi

ボイ渓谷のカタルーニャ風ロマネスク様式教会群

名称:ボイ渓谷のカタルーニャ風ロマネスク様式教会群(スペイン
英語名称:Catalan Romanesque Churches of the Vall de Boi
ジャンル:世界遺産
分類:文化遺産
登録年:2000年

イスラム勢力の支配を逃れた辺境の地の聖堂群

カタルーニャ州リェイダ県のピレネー山脈にあるこの渓谷には、イスラムの勢力が及ばず、初期ロマネスク様式の聖堂が多数残されている。この地方は銀の一大産地として繁栄し、11〜14世紀に多くの富がもたらされ聖堂群の建造に費やされた。その建設にはロンバルディアから持ち込まれた最先端の建築様式(ロマネスク様式)が採用された。世界遺産に登録された聖堂は9つで、中でも、1123年にタウル村に建設されたフレスコ壁画で有名なサン・クリメン聖堂の規模が大きく、保存状態も良好だ。ほかにサンタ・マリア聖堂(タウル村)、サント・フェリウ聖堂、サント・ホアン聖堂、サンタ・エウラリア聖堂、聖母被昇天聖堂、サンタ・マリア聖堂(カルデ村)、ナティビター・デ・ラ・マレ・デ・デウ聖堂、サント・キルクの庵がある。このほかにも、渓谷沿いにはロマネスク様式の宗教建造物の遺構が残っている。

ここに行くツアーを探す

世界遺産を知ってもっと旅を楽しもう
情報提供:世界遺産検定 http://www.sekaken.jp/

ボイ渓谷に関する写真

現地ガイド発!スペインの世界遺産最新情報

2016/08/19 世界遺産

スペインの隠れた世界遺産、エルチェの椰子園

スペイン旅行イメージ-7本の幹を持つ皇帝の椰子 7本の幹を持つ皇帝の椰子

国際的なリゾート地のバレンシア州アリカンテから各駅列車で30分弱のところに、ユネスコの世界遺産に登録されている椰子園がある町エルチェがあります。エルチェは日本では必ずしも有名な町ではありませんが、バレンシア州で人口第3位とそれなりに大きな町で、観光スポットの椰子園があちこちに点在しているため、何も知らずに訪れるとどこへ行っていいかわからなくなってしまうかもしれません。今回は主に日帰りの方向けに、エルチェのおすすめ椰子園を2つご紹介します。続きを見る



世界遺産検定

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


スペインの世界遺産「ボイ渓谷のカタルーニャ風ロマネスク様式教会群」についてご紹介します。ボイ渓谷のカタルーニャ風ロマネスク様式教会群の観光ができるツアープランもあわせてご紹介。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。