page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

スペインの世界遺産・名所ガイド

Alhambra Granada Generalife and Albayzin

グラナダのアルハンブラ宮殿、ヘネラリーフェ離宮、アルバイシン地区

名称:グラナダのアルハンブラ宮殿、ヘネラリーフェ離宮、アルバイシン地区(スペイン
英語名称:Alhambra Granada Generalife and Albayzin
ジャンル:世界遺産
分類:文化遺産
登録年:1984,1994範囲拡大年

イベリア半島最後のイスラム王朝が残した芸術的宮殿

スペイン南部アンダルシア地方の都市グラナダに残る遺構は、かつてのイスラム文化の面影を今に伝える。イスラム勢力によるイベリア半島支配がキリスト教勢力のレコンキスタ(国土回復運動)によって揺らぎ始めた1238年、後のムハンマド1世、イブン・アル・アフマルによってグラナダ王国が勃興。その後約250年間にわたって続く、イベリア半島最後のイスラム王朝となった。この王朝期の建築物の中でも、化粧漆喰のアラベスク文様、透かし彫りの窓などが美しいアルハンブラ宮殿と、ネバダ山脈の雪解け水を利用して造られた「アセキアの中庭」が造園技術の高さを物語るヘネラリーフェ離宮は、イスラム建築の粋を極めた傑作である。

ここに行くツアーを探す

世界遺産を知ってもっと旅を楽しもう
情報提供:世界遺産検定 http://www.sekaken.jp/

アルハンブラ宮殿に関する写真

現地ガイド発!スペインの世界遺産最新情報

2020/03/19 世界遺産

ガウディの最高傑作、未完の教会 コロニアグエル教会

スペイン旅行イメージ-コロニア・グエル教会の内部 ガウディが建設した未完の教会 コロニア・グエル教会の内部 ガウディが建設した未完の教会

バルセロナ市内には数々のモデルニズム建築が点在し、中でもアントニオ・ガウディの建築を観光目的でバルセロナを訪れる人も多いでしょう。現在でも建築中のサグラダ・ファミリアは誰もが一度はこの目で見たい!といわれる人気のスポットで毎日行列ができるほどです。いくつかのアントニオ・ガウディの作品が作品群として世界遺産にも登録されています。今回ご紹介するコロニア・グエル教会も2005年に世界遺産に登録されました。建設は完全に中断され、未完成のままですが、ガウディの傑作作品の一つとして数えられています。続きを見る



世界遺産検定

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


スペインの世界遺産「グラナダのアルハンブラ宮殿、ヘネラリーフェ離宮、アルバイシン地区」についてご紹介します。グラナダのアルハンブラ宮殿、ヘネラリーフェ離宮、アルバイシン地区の観光ができるツアープランもあわせてご紹介。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。