page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

スペインの世界遺産・名所ガイド

Monuments of Oviedo and the Kingdom of the Asturias

アストゥリアス王国とオビエドの宗教建築物群

名称:アストゥリアス王国とオビエドの宗教建築物群(スペイン
英語名称:Monuments of Oviedo and the Kingdom of the Asturias
ジャンル:世界遺産
分類:文化遺産
登録年:1985,1998範囲拡大年

イベリア半島に残ったキリスト教徒の牙城

アストゥリアス王国は、718年にペラーヨが確保したキリスト教徒の拠点である。8世紀末アストゥリアス王アルフォンソ2世は、オビエドを都として宮廷・教会組織を作り、司教座を創建した。その後オビエドは、アストゥリアス革命とスペイン内戦で破壊され、いま6つの教会と関連施設は市街および郊外にある。サン・サルバドル大聖堂は9世紀に建てられ、14世紀からゴシック様式で増築された。レコンキスタ発祥のこの地の革新的なプレロマネスク様式スタイルは、その後のイベリア半島の宗教建築に重要な役割を果たした。その最高の成果は、サンタ・マリア・デル・ナランコ、サン・ミゲル・デ・リヨなどの教会に見られる。オビエドのアストゥリアス考古学博物館では、先史時代やローマ帝国時代などの展示がされている。

ここに行くツアーを探す

世界遺産を知ってもっと旅を楽しもう
情報提供:世界遺産検定 http://www.sekaken.jp/

現地ガイド発!スペインの世界遺産最新情報

2019/05/25 世界遺産

バルセロナから日帰りも可能!世界遺産 タラゴナの街

スペイン旅行イメージ-バルセロナからのショートトリップとしてお勧めタラゴナ。ローマ時代の遺跡が残る地中海沿岸都市。写真は悪魔の橋と呼ばれる水道橋 バルセロナからのショートトリップとしてお勧めタラゴナ。ローマ時代の遺跡が残る地中海沿岸都市。写真は悪魔の橋と呼ばれる水道橋

バルセロナから西に80キロほど離れて、地中海沿いにあるタラゴナ(TARRAGONA)。紀元前218年に古代ローマ帝国に占領されて以降、タラコと呼ばれ、ユリウス・カエサルが市街を整備したことでも知られています。ローマ帝国では第二の都市として栄えました。その遺跡はタラゴナの考古遺跡群としてユネスコ世界遺産として登録されています。バルセロナからも電車で約一時間とアクセスにも便利で、バルセロナからの日帰りまたは週末の旅行にお勧めです。続きを見る



「オビエド」を含むツアー一覧


最安料金万円

合算 目安 26.70万円28.70万円
旅行代金: 23.9025.90万円
燃油目安: 2.80万円
8日間
成田発

スペイン ツアー

ドミニカ共和国周遊 ハイライト!☆究極のエコツアー 美しい自然が残る国☆山、海、湖をめいっぱい楽しもう!

ホテル:オデルパ・カリベ・コロニアル(サントドミ…
航空会社:アメリカン航空 指定

日程表を見る

...下記に変更も可能です。 オビエド干潟(オビエド潟はこの国で最も美しい...

旅行会社/ブランド:ファイブスタークラブ☆


世界遺産検定

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


スペインの世界遺産「アストゥリアス王国とオビエドの宗教建築物群」についてご紹介します。アストゥリアス王国とオビエドの宗教建築物群の観光ができるツアープランもあわせてご紹介。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。