デザートを食べないと食事は終わらない、スペイン

スペインの食事は3プレートが基本で、それにパンとワインが加わります。3プレートとは前菜、メイン、デザートのこと。このデザートをコーヒーに置き換えることができますが、多くの人がデザートを選びます。なぜならスペインでは、デザートが好まれているからです。そして、食事の一部としてとても大事にしています。プリン、アイスクリーム、チョコレートムース、スポンジケーキなど様々な種類がありますが、今回は筆者の好きな乳製品デザートを3つご紹介します。クアハダ、メル・イ・マト、アロス・コン・レチェです。さてどんなデザートでしょう。

世界のデザート〜 スペイン発の食後に食べたい乳製品デザート 世界のデザート〜 スペイン発の食後に食べたい乳製品デザート

一口食べると幸せな気分になるデザート

「クアハダ(Cuajada)」は、見た目はヨーグルトや牛乳寒天のようですが、実は羊のミルクを使って作ります。味に嫌な癖はなく、濃厚な牛乳プリンを彷彿とさせます。これだけで食べてもあまり甘くないので、蜂蜜をかけます。一口食べると、いつもその美味しさに幸せな気分になります。クアハダが入った容器は、素焼きの器で「カイク」といい、北スペインで牛乳をよそうのに使ったコップのような容器のことです。これに入っているのが伝統的なクアハダです。スペイン北東の代表的なデザートですが、現在は全土で食べることができるので、お試しあれ。

軽い食感!チーズと蜂蜜のデザート、メル・イ・マト

「メル・イ・マト(Mel i mato)」は、カタルーニャ地方の伝統的なデザート。現地のカタルーニャ語で「メル」は蜂蜜、「マト」は羊のミルクで作ったのチーズのことを指します。食後のデザートの定番で、カッテージチーズのような、脂肪分の少ないフレッシュチーズに地元産の蜂蜜をかけて食べます。少し凝ったレストランだと、マトを使ったチーズケーキが出てくることもありますが、蜂蜜をかけるのは同じ。よく胡桃が添えられています。スペインの重めの食事の後でも、「これなら食べられる!」という人が多いと思うので、試してみてください。

びっくりする、デザート!

最後にご紹介するのは、ちょっと驚かれるかもしれません。何と、私たちが主食に食べている白米を使ったもの。それが、アンダルシア地方で良く食べられている「アロス・コン・レチェ(Arroz con leche)」。砂糖を加えた牛乳でお米を煮込み、シナモンをかけて食べます。甘ったるいお粥を想像すると、食欲が失せる方もいるかもしれませんが、現地のそれはみなさんの想像とは少し違うと思います。特に暑い夏、冷たいアロス・コン・レチェを食べます。さてあなたは、どのデザートが一番気になりましたか。