スペインのビールは、サイズで注文?

スペインは、安価で美味しいワインの産地ですが、ビールもよく飲まれています。食事中はワイン派が多いですが、バルに入ったら駆けつけ一杯!と言わんとばかりに、最初はビールという人が多いです。スペイン語でビールはセルベッサですが、この国で生ビールを注文するときは、サイズを伝えます。「カーニャ」は200MLサイズの小さなグラス。「ドブレ」は330MLサイズで、「ハラ」はジョッキサイズと大きくなっていきます。

スペインを周遊して、各地方の人気ビールを味わおう! スペインを周遊して、各地方の人気ビールを味わおう!

ご当地ビールは、その地域に行かないと飲めない?

地域ごとで飲める、生ビールが異なるのも面白いスペイン。マドリードはマオウとサン・ミゲル(同グループ会社)、バルセロナはダム・エストレージャとモリッツ、セビージャはクルスカンポ、グラナダはアルハンブラ、ガリシアはエストレージャ・ガリアシア。これはすべて主要ビールメーカーですが、バルで他地域のビールを探すのはひと苦労です。どうしても他地域のビールが飲みたいときは、スーパーへ行くしかありません。スーパーの缶ビールなら、たいていの全国のメーカーが購入可能です。

瓶や缶ビールも悪くない? 狙い目は、プレミアム商品

スーパーで売られている瓶や缶ビールも侮れません。日本のように、メーカーが戦略的に出しているプレミアム商品があるんです。例えば、ダム・エストレージャ社の「Inedit」。世界一のレストランに選ばれたことのあるエル・ブジのシェフ、フェラン・アドリア監修のビールです。オレンジの皮やコリアンダーを加えられており、一口飲むと他のビールにはない、アロマが香ります。ラベルもレギュラー商品より、かっこいい!また、サン・ミゲル社の「Selecta XV」も人気商品です。

セルベセリアはビール屋さん?

スペインの町を歩いていると、バルの他にセルベセリア(Cerveseria)と書かれた店も見かけます。セルベッサがビールなので、日本語に訳すとビール屋という意味でしょうか。バルと同じように料理も飲食することができます。ただ、ビールの種類が豊富で、外国ビールやスーパーなどでは流通していない地ビールを置いています。ビールの名前を見てもどんな味なのか分からない場合は、飲みたいビールの特徴を伝えてお任せで注文してみてはいかがでしょうか。