ガイドツアーで街をもっと知ろう!

歴史のある古い街を旅するとき、美術館や教会などガイドブックに書いてある名所以外にも、路地のあちこちに面白い逸話や見どころが隠れているものです。それらは一介の旅行者にはなかなか見つけることができません。やっぱりその街に住み、その街を知るプロに案内してもらうのが一番です。そんなときに上手く利用したいのが市や観光局がやっているガイドツアー。街のインフォメーションで尋ねてみると、ツアーがあれば詳細を教えてくれます。スペインのマドリードでも、マドリード観光局主催の日本語ガイドつき「マドリード必見ツアー」が、毎週日曜日に催行されています。

日本語のガイドツアーを利用してマドリードの旧市街を歩こう! 日本語のガイドツアーを利用してマドリードの旧市街を歩こう!

マドリードの日本語ガイドつき「マドリード必見ツアー」

ツアーの申し込みは、旧市街のマヨール広場にあるツーリストインフォメーションセンターで受け付けています。インターネットでの事前予約も可能。ツアーは毎週日曜日の午前11時にインフォメーションセンター前からスタートします。所要時間は1時間半から2時間。料金は5.90ユーロ(5歳以下は無料)です。日本語の堪能なマドリレーニョ(マドリード出身の人)の説明を聞きながら、ハプスブルク朝の街並みが残る歴史地区を散策しつつ中世の数々の遺物を見学します。

気づかずに見過ごしていたものがいっぱい

私はマドリードに住み始めてしばらくしてから、このツアーに参加しました。散策したのは毎日通っていたスペイン語学校のある地区でしたが、建物の由来や歴史の名残など、まったく気づかずに通り過ぎていました。中でも興味深かったのは、一見普通の建物なのに、外界には一切姿を見せずに修道女たちが暮らしているという、修道院があったことです。目立つ看板も何もありません。ただ、修道女たちが作っているという「お菓子を売っています」と書かれた小さな張り紙があるだけでした。お菓子を求めて修道院の中に入れたことは、現地のガイドがいてこその貴重な体験でした。

英語のツアーはルートも豊富

マドリード観光局主催のガイドツアーは、英語のツアーも各種コースがあります。基本コースは日本語ツアーと同じですが、他にも「歴史ある教会をめぐるツアー」や「マドリードの傑出した女性たちの生き方を知るツアー」「マドリードにある彫刻家ベンリューレの作品をめぐるツアー」など、専門のテーマに特化したツアーもあります。季節や行事の限定ツアー(春なら「イースターの伝統を知るツアー」)もあるので、訪れた時期になにか特別なツアーがないか尋ねてみるといいでしょう。ガイドブックには載っていない見どころがたっぷりのガイドツアーで、マドリードの街歩きを楽しんでください。