海外のホテルにスリッパはないものと思いましょう

私が旅行に出かけるときに必ず用意するもののひとつがスリッパです。日本ではどんなエコノミーなビジネスホテルでも必ずあるスリッパですが、海外のホテルではほとんど備えてありません。アジアの国々ではたまに用意してあるところがありますが、あればラッキー、ないと思った方がいいでしょう。ヨーロッパも同じです。一部の五つ星やチェーン系列のホテルを除いてスリッパが用意してあるところはまずありません。

海外のホテルにはスリッパがない!日本から持っていくのを忘れずに 海外のホテルにはスリッパがない!日本から持っていくのを忘れずに

携帯用のスリッパが便利

土足文化ではない日本人は足の裏の感覚がとても繊細だと思います。ホテルの室内でも靴のまま過ごすのは疲れが取れない気がするし、かといって裸足で室内を歩くのも絶対いやですよね。シャワーを浴びた後にまた靴を履くのも、ちょっと気持ちが悪いです。今は100均のトラベルコーナーに折りたたんで携帯できるスリッパが売られていますので、日本から一足スリッパを持っていくといいと思います。スリッパがあれば、行き帰りの飛行機の中でもリラックスして過ごすことができますよ。

日本式のスリッパは手に入れにくい

10日前後の旅行の場合、スリッパがないからといってわざわざ探すのも時間がもったいないし面倒です。また、ヨーロッパでは日本式のスリッパは一般的ではなく、あまり見かけません。いかにも室内履きのサンダルといった感じのごついものが多いです。スペインではマドリッドとバルセロナに日本の無印良品があり、スリッパも売られていますが、こちらはお値段がだいぶ高いです。また寝具用品のお店でも時々見かけますが、旅行で来てスリッパだけのために寝具用品店を探すのも時間の無駄です。そんな時は、スリッパの代わりにビーチサンダルを買ってホテルで履くといいでしょう。

万能ビーチサンダル

バックパッカー必携のビーサン、実にオールマイティで室内履きにも適しています。安宿に泊まると共同のトイレとシャワーを使うことが多くなりますが、共同の水回り部分はいつもびしょびしょ濡れているし、シャワー室の床があまりきれいではなかったりします。こんな場所ではビーサンが最適! 布製のスリッパでは水が滲みてきて気持ち悪いですが、ビーサンならそのままシャワーも浴びることができます。靴を履いて疲れた足を開放し、指の間を広げられるのは健康にもいいですし、ビーサンのまま外に出かけることももちろんOKです。ビーサンならどこでも見つかるし、値段も安くて丈夫でいうことなしですね。