スペインの電車は時刻どおり到着

スペインの電車は、意外にも時刻どおりに運行されていることをご存知ですか。バス到着の多少の遅れや、時間に少しだけルーズな国民性をご存知の方は驚かれるかもしれません。地方線、中距離列車を除き、高速長距離列車は予定時刻よりも前に到着することが多いです。それは、鉄道運行会社Renfeの規定で、列車遅延に対して切符の一部・全額払い戻しが行われるからです。払い戻さなくていいように、と早く到着してしまうわけです。観光客が一番利用する、マドリードとバルセロナ間のAve(新幹線)を見てみると、30分以上遅刻は、全額払い戻しになります。

スペイン高速鉄道AVEは、なぜビジネスマンに人気がある? スペイン高速鉄道AVEは、なぜビジネスマンに人気がある?

ビジネスマンは飛行機を使わない

ところで、マドリード、バルセロナ両都市の空港は、市中心地へ地下鉄でのアクセスが可能で便利です。両区間のフライト時間は1時間ほどで、新幹線Aveの2時間30分から3時間に比べても圧倒的に早いです。それでも、最近のビジネスマンは飛行機ではなく、Aveの利用が増えているとか。それは、空港へ出向く不便性もありますが、Aveの遅延のない運行と車内の快適さを評価しているからです。車内は、1等クラブ(Club)、1等ビジネス(Preferencia)、2等普通席(Turista)と分かれています。そのサービスの質は、航空会社より上です。

快適ラウンジと車内サービスの充実

時間のない観光客の方にとっては、フライト1時間はAveより一見、魅力的に感じますよね。それでも、空港での手続きや、早くて安いと思っていたら、遅延も起こる格安エアライン。意外に時間的優位性は感じなくなってきます。Aveの場合、早めに駅に着いてしまっても、駅構内の専用ラウンジが利用できます(1等のみ)。TVやネット環境の整備はもちろん、カフェテリアもあります。長い列車での移動時間、車内は退屈?と思うかもしれませんが、各自にイヤホンが配られ、メディア機器関係が充実しています。1等には機内食並みの温かい食事が付いてきます。

AVEの割引切符は日本からネットで購入

旅行者の方でも、日本からAveのチケットをインターネットで購入できます。Renfeのホームページに入って、カードで決済し、チケットを印刷して持っていくだけで乗車できます。通常の乗車料金から60%も安く買うことができる早期割引があります。マドリード・バルセロナ間ですと、2等席だと約40ユーロ(5,200円)ビジネスクラスでは約70ユーロ(約9,100円)以下からあります。旅程の決まっている観光客の方にはありがたいサービスです。マドリードとバルセロナを移動する際は、快適なAveの旅も考慮に入れてみてはいかがですか。