page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
スペイン・マヨルカ島(バレアレス諸島)・サッカー観戦の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

かつて大久保嘉人の在籍したマジョルカ。サッカー観戦の傍らで地中海リゾートを満喫!


マジョルカデビュー戦でゴールした「オオクボ」

エスタディオ・ソン・モイスの全景 エスタディオ・ソン・モイスの全景

日本代表の2007年ラストゲームとなった10月17日のエジプト戦(大阪)で、目の覚めるようなシュートで2得点を奪った大久保嘉人(神戸)。日本人としては傑出した得点感覚を持つ彼が、04−05シーズン後半戦から2シーズンをスペインリーグ1部・マジョルカで過ごしたことは今も記憶に新しい。残念ながら、彼自身が異国の地で成功したとは言いきれないが、デビュー戦となったデポルティボ・ラコルーニャ戦で派手なゴールを奪うなど、地元サポーターに残したインパクトはそれなりに大きかったはず。今も「オオクボ」の名前を覚えている人も多いだろう。そこで今回、改めてマジョルカに目を向けてみることにする。

まずはパルマ・デ・マジョルカの美しい景観に触れる!

大久保がプレーしていたことが、今も懐かしく思い出される 大久保がプレーしていたことが、今も懐かしく思い出される

地中海に浮かぶバレアエス諸島自治州の中心がマジョルカ島(Isla de Mallorca)だ。音楽家、フレデリック・ショパンが恋人のジョルジュ・サンドと逃避行した地としても名高い。その中心都市がパルマ・デ・マジョルカ(Palma de Mallorca)。イタリアにもパルマはあるが、あちらはParma。綴りが微妙に違うことをぜひ知っておきたい。
地中海随一のリゾート地・マジョルカへは欧州各地からのフライトがある。夏になるとドイツや北欧から人々が民族大移動のようにやってくる。そのためか、マジョルカ空港の荷物用ターンテーブルはやたら数が多い。スペイン国内のバルセロナ、マドリッドなど各都市からも頻繁に飛行機が飛んでいる。バルセロナからは船でこの島に渡る方法もある(所要時間は3時間45分)。利便性は決して悪くないのだ。
パルマ・デ・マジョルカの街中に出れば、カテドラルなどの名所やパルマ湾の美しい景観に触れることができる。レイナ広場の観光案内所、あるいは町中にあるRDCマジョルカのチームショップへ行けば、スタジアムへの行き方なども教えてもらえるだろう。欧州全域の人々がやってくる観光地だけに、英語も通じやすい。それは我々外国人にとって心強い。

未来のスターを発掘する場としてマジョルカを訪れる!

地中海随一のリゾート地・パルマ湾。シーズンオフでも海岸線は美しい 地中海随一のリゾート地・パルマ湾。シーズンオフでも海岸線は美しい

この地に本拠を置くRCDマジョルカ(Real Club Deportivo Mallorca)は1916年発足と、90年以上の歴史を持つクラブ。規模としてはバルセロナ編で紹介したエスパニョールと同じくらいだろうか。大久保がスペインリーグ参戦を果たした2005年1月には、かつてバレンシアやインテルの監督としてチームをUEFAチャンピオンズリーグ上位へと導いたアルゼンチン指揮官・クーペル監督が就任。2部降格危機に瀕していたチームを建て直し、奇跡的な残留へと導いた。が、大久保はスペイン語のコミュニケーション能力の問題やケガなど障害があって、指揮官に認められず、満足いく結果を残せなかった。大久保がチームを去った2006年にクーペル監督も辞任。現在はスペイン人のマンサーノ監督がチームを率いている。07−08シーズンのマジョルカはまずまず好調で、第12節終了時点では9位をキープ。現時点で7点を挙げているFWダニエル・ゴンザレス、ベネゼエラ人MFアランゴらが中心選手だが、この中からバルサやレアルへ飛躍する原石がいるかもしれない。そんな人材発掘の場としてマジョルカを見に行くのも一案だろう。

芸術的な外観のエスタディオ・ソン・モイスも一見の価値あり

街最大の名所・カテドラル 街最大の名所・カテドラル

本拠地であるエスタディオ・ソン・モイス(Estadio Son Moix)は、パルマ・デ・マジョルカ市内から車で10分ほど東に行った郊外にある。まず驚かされるのが、極めて凝った芸術的デザインの外観。さすがは美と華麗さを重んじるスペインだという印象を持つ。中に入っても、ピッチの見やすさに驚く。ここはサッカー専用ではないのだが、スタンドの傾斜が急になっていて、選手の一挙手一投足が手に取るように分かるのだ。天気がよければパルマ湾(Badia de Palma)も一望できる。収容人員も2万3000人強とほどよい広さ。雰囲気もまずまずである。

リゾート気分を味わいながらサッカーも観戦!!

レイナ広場にある市庁舎。このあたりではサッカー観戦の情報も入手できる レイナ広場にある市庁舎。このあたりではサッカー観戦の情報も入手できる

マジョルカの場合、一般的なリーグ戦の試合なら、スタンドはたいていガラガラだ。バルサ戦やレアル戦でも比較的容易にチケットを入手できるだろう。カンプノウやレアルの本拠地、サンチャゴ・ベルナベウで試合を見るのは難しいが、ここにくればハードルが下がる。ちなみに今季のバルサ戦は2008年1月8日、レアル戦は4月8日に行われる。バルサやレアルのアウェー狙いとして、マジョルカをターゲットにしてみるのもいいだろう。
欧州屈指のリゾート地を満喫するついでにサッカー観戦というのも悪くない。スペイン訪問の際にはぜひマジョルカも組み込んでほしいものだ。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2007/11/27)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索