マヨルカの西部を巡るお勧めショートトリップ

州都パルマ・デ・マヨルカ(以下パルマ)から一泊二日でマヨルカ島北東部を一周する旅。私は、日本から友人が来たら最近はもっぱらこのコースを案内します。自然も海も美しい村々も満喫でき、100年前から走っている名物の木造列車にも乗れちゃうお勧めのコースです。「マヨルカに行ってみたいなー」と思っている人は、よかったら参考にしてみてくださいね。あまり時間がない場合は、途中をちょっと端折りますが、頑張れば一日でも回れます。

1泊2日でいいとこどり!!マヨルカ島西部周遊おすすめコース(その1) 1泊2日でいいとこどり!!マヨルカ島西部周遊おすすめコース(その1)

1912年開通のレトロな列車でソーイェルの町へ

パルマのスペイン広場に駅があるソーイェル鉄道のレトロな木造列車に乗って、北の町ソーイェル(Sóller)に向けて出発します。ソーイェル鉄道は1912年に開通し、現在走っている木造電車は1929年に造られたものです。先頭のソファーの置かれたクラシックな車両は、きっと往時は一等だったのでしょう。今は席の区別がないので、この車両に乗ってもOKです。車窓からはアーモンド畑が見渡せ、ソーイェルに近づく終盤の区間はアルファビア山脈を越える本格的な山岳路線となり、絶景を楽しめます。2月、アーモンドの花が咲き乱れる「マヨルカの雪」の頃はイギリス人やドイツ人の団体客で混み合うので、早めに席を確保しましょう。

かわいい路面電車に揺られて海辺の町へ

ソーイェルはオレンジとオリーブが名産の小さな町ですが、美しい大聖堂の周りにカフェのテラスが並び、なかなか雰囲気のいい町です。大人気のジェラート屋でオレンジのジェラートを食べたら、今度は同じソーイェル鉄道の木造路面電車に乗って海辺の町ポルト・デ・ソーイェル(Port de Sóller)を目指します。民家の庭先すれすれを通り、海が近づくと乾いた潮風が車内を吹き抜けて最高にいい気持ちです。ポルト・デ・ソーイェルの美しいビーチ沿いを通って到着です。

夏におすすめ!サ・カロブラまで遊覧船でクルーズ

日が長い夏なら時間がたっぷりあるので、遊覧船に乗ってサ・カロブラ(Sa Calobra)という小さな入り江まで行ってみてはいかがでしょうか。遊覧船は屋上にデッキ席があり、日焼け大好きなヨーロピアンは絶対にこちらに座ります。ごつごつした岩肌に沿うように船は進み、日本なら間違いなく名前をつけるような奇岩が連続します。50分ほどで到着する入り江は本当に小さく、猫の額のようなビーチと数軒のレストランがあるだけ。そう、マヨルカのビーチの特徴は、こういった小さな入り江の隠れ家的なビーチがたくさんあること。次に遊覧船が出るまでの間、ビールでも一杯といきましょうか。(その2に続く)