page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

セゴビアショッピング・お土産ガイド

セゴビアのショッピング情報

セゴビアは小さな町なので、大きなショッピングセンターはないが、旧市街には小さな店が軒を連ねている。細い路地を町歩きをしながら、買い物をしよう。鉄道駅周辺には土産屋はなく、ローマの水道橋周辺やセルバンテス通り、カテドラル前のプラザ・マヨール周辺に集中している。ここではスペインらしい土産物や、セゴビアの名産が見つかるだろう。ただしこれらの店やスーパーは、昼間にシエスタをとる店もあるので、開店時間には気をつけて買い物をしよう。 (2015年編集部調べ)


セゴビアの特産品・ブランド

セゴビア発のブランドはこれといってないので、土産には世界遺産のローマの水道橋を形どった置物や、セゴビアの町の名前が入ったTシャツやバックといった定番土産になる。また名物料理の「コチニージョ・アサード」は全国的に有名なので、子豚キャラクターのグッズなどが町の土産屋で見つかる。子豚の陶器やキーホルダーなどかわいらしい。変わったところだと、アルカサルの中のショップに、甲冑や剣などの中世時代のグッズが売られているので、興味のある人には面白い土産になる。

セゴビアの市場・免税店・お買い物スポット

セゴビアの鉄道駅東方には青空市場が立つ公園があるが、観光客が行きやすいのは旧市街のカテドラル前。毎週木曜の朝から開かれるので、地元の人々の生活をのぞくことができる。セゴビアの周辺には、赤ワインのD.O.(原産地呼称)が付いたリベラ・デ・ドゥエロがある。ここの名産赤ワインは、昨今ますますスペイン内外で人気が高くなっている。町のワインショップなどで購入でき、銘柄に迷ったら店員のおすすめを聞いてみるのもいいだろう。


セゴビア旅行で知っておきたいクレジットカード情報 (更新日:2015/04/27)


■カードひとくちメモ

日本よりもカード(Visaなどの大手国際ブランドのクレジット、デビット、トラベルプリペイド)の使用頻度が高いバルセロナ。ショッピングセンターやスーパー、レストランやバル、果ては駐車違反の罰金までほとんどの場合で少額からカードが使えます。多額の現金を持ち歩くのは危険なので、支払いはできるだけカードで済ますのがおススメ。また欧州では、ICチップ付きカードが普及しているので、チップ付きカードを携行しましょう。

国際空港 から市内への交通では、空港バスは券売機でカード使用可能。RENFE(国鉄)でもカードが使用できます。

地下鉄でもカードが使えます。一般の路線バスは乗車時に運賃を支払う場合は現金のみですが、バスや地下鉄、国鉄近郊線などの共通回数券なら、地下鉄の券売機で販売されているので、カードOK。

また、ガウディ建築やミュージアムなど、有名な観光名所の入場券もカード支払い可。ただし、小さな個人商店、キオスク、郵便局や小さいミュージアムでは現金決済。タクシーでも現金が必要です。現金が必要な時は、ATMを活用しましょう。両替所に並んだり、パスポートを提示したりする必要がなく、24時間対応なので、手間と時間の節約にもなり便利です。Visaなどの国際ブランドマークが入っている現地ATMであれば、カードを使って現金が引き出せます。

国際空港内のうち、日本からのフライトが発着するのはT1(ターミナル1)。ATMが設置されているのは、到着フロアのカフェテリア周辺、バス乗り場へ続くスロープのあたりなど。出発フロアの手荷物検査ゲート周辺、コントロールエリア内にもあります。

バルセロナ市内のいたるところにもATMはあります。銀行内のATMスペースは内側からカギをかけることができるので、安心。操作中はカギをかけておくのが無難!

ATMから現金を引き出す際にはPIN(暗証番号)が必要です。忘れてしまった場合は出発前にカード発行会社に問い合わせを(確認には10日程度かかります)。また、クレジットカードの場合、海外キャッシングの可否とカード利用限度額をあわせて確認しておきましょう。


ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


セゴビアショッピング・お土産の情報が満載の徹底ガイド。在住ガイドによるセゴビアの特産品やクレジットカード、アウトレット情報が満載。
セゴビアのショッピング・お土産なら、日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードで!