page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
スペイン・セビリア・ツーリングの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

政府も推奨!アンダルシアの町並みを「自転車」で巡ろう


掲載日:2007/08/29 テーマ:ツーリング 行き先: スペイン / セビリア

タグ: たのしい ツーリング 自転車 世界遺産


自動車追い出し作戦!

セビリアの市内には、世界遺産がいっぱい! セビリアの市内には、世界遺産がいっぱい!

アンダルシア地方の主な収入源は、観光。セビリア政府は、カテドラル(大聖堂)や、レアレス・アルカサーレス(王宮)、アルチーボ・デ・インディア(インディアス公文書館)など、世界遺産がいくつも並ぶ旧市街を、なんとかきれいで清潔な観光都市にできないかと検討していました。
そして数年前のこと。政府は、30数年前から計画されては棚上げになっていた地下鉄工事の再施工を発表。それに伴い、旧市街地より車を追い出し、路面電車を走らす計画を立てました。

もうすぐ路面電車が運転開始に

路面電車で市内がクリーンで、美しくなる 路面電車で市内がクリーンで、美しくなる

アンダルシアの路面電車は、いよいよ今年9月より運転が開始されることになりました。毎日、その施行運転が行われています。
路面電車では、地下鉄、そしてバスとの共通パスが使用できます。観光名所+交通手段という、観光者にとってセビリアがさらに魅力的となるのは確かです。
また、政府は同時に自転車を推奨しており、すでにcarril bici(カリル・ビーシー)と呼ばれる、自転車専用道路が市内を中心に作られています

借りられるポイントが続々増えています

カリル・ビーシー(自転車専用道路)。自転車のマークが目印 カリル・ビーシー(自転車専用道路)。自転車のマークが目印

セビリアでは、自転車の価格は決して安くありません。新品は、120ユーロ(2万円くらい)以上はします。平均給与が、1500ユーロくらいの国民(アンダルシアは、もっと低い)にとっては、ちょっとした痛手です。
そこで政府は、フランスの企業(JCDecaux)と共同で、貸し自転車を普及することを計画し、2007年7月後半より実行されています。
現在、貸し自転車の数は300車で、市内の30ポイントで借りることができます。2007年の終わりには1500車・150ポイントに増やし、2008年には2500車・250ポイントになる予定だそうです。

どうやって借りるの?

市内中心部のある広場の駐輪場。自転車通学者、通勤者が増えています 市内中心部のある広場の駐輪場。自転車通学者、通勤者が増えています

貸し自転車は365日24時間、市内にある設置ポイント(英語、スペイン語、フランス語のサービスあり)にて借りることができます。
レンタルの際には、クレジットカードが必要となります。借りられる時間は、1週間単位と年間単位があり、1週間は観光者向けで、5ユーロ(約850円)。1年間でもなんと10ユーロという価格で、かなりお得です。
セビリアは石畳の街なので、自転車を利用したほうが足に負担をかけないことは確実です。セビリア市が奨励している自転車で、一味違った観光をしてみてはいかがでしょうか?

【関連情報】

設置ポイントの様子。借りる際は、左端にある機械を操作して 設置ポイントの様子。借りる際は、左端にある機械を操作して

■セビリアの貸し自転車について
SEVICI
URL:http://www.sevici.es/ (スペイン語のみ)

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2007/08/29)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索