2016年のセマナサンタは、3月末

イースターのことをスペインでは、セマナサンタ(聖週間)と言います。キリストの復活を祝う宗教行事で、カトリック信者の多いスペインでは盛大に行われ、世界中からその様子を一目見ようと観光客が多く訪れる時期でもあります。セマナサンタにスペインを訪れるなら、知っておきたいのが、毎年変動するその日程。来年のカレンダーによると、2016年は3月20日(日)から3月27日(日)まで。木曜日から日曜日が祝日になり、一番の盛り上がりをみせます。今年は、この時期を狙って旅行計画してみてはいかがですか。

2016年世界のイベント 〜 セマナサンタにスペインを旅行するなら、食べたい名物!〜 2016年世界のイベント 〜 セマナサンタにスペインを旅行するなら、食べたい名物!〜

セマナサンタを過ごすなら、この町がおすすめ

この行事の見所は、「プロセシオン(聖行列)」。キリストや聖母マリア様を乗せた山車を各地区の教会から、カテドラルへと運びます。行列を先導するのが、ナサレノやペニテンテと呼ばれる巡礼者たちで、目だけ穴を開けた三角帽子をかぶっています。最初にその様子を見たとき、かなり衝撃を受けました。キリストの受難を体感するため、裸足で何キロも歩く信者たちもいます。有名なのは、南スペインのセビリアや、マドリードから日帰りも可能なサモラやバリャドリード。期間中は、夜中も通して聖行列が町を練り歩いたりするので、できれば宿泊して見たいですね。

セマナサンタだから、食べられる名物菓子があります!

この時期にスペインを訪れるからこそ、食べられるお菓子があります。それがトリハ(Torrija)。バケットパンの薄切りに、牛乳をしみ込ませ、溶き卵をつけて揚げたもので、スペイン風フレンチ・トーストといった感じでしょうか。口にほお張ったときの、甘くてシナモンが香りが食欲を誘うお菓子です。個人的にはこのまま食べるのが好きですが、地元の人はさらにこれをリキュールに浸して食べたりもします。一般的には家庭で作って食べますが、この時期限定の名物菓子をお店で見つけたら、ぜひ買って食べてみてください。

バルセロナのセマナサンタは静か?

セマナサンタの行事には興味ないわ、という方も注意が必要な時期です。スペインの日曜、祝日は店が閉まり、ショッピングができなくなります。また、大都市バルセロナが属するカタルーニャ州では、祝日の日程がマドリードや南スペインとは異なり、金曜日25日と翌週の月曜日28日になります。バルセロナではセマナサンタの行事はほとんど行われず、人々は日本のゴールデンウィークのように春の行楽や旅行を楽しむので、町の中は比較的空いています。祝日に注意して、セマナサンタ期間の旅行を楽しみましょう。