やはりラテン人!習得が早い!!

スペインでも人気のサルサ。数年前からのブームが、ここ数年は安定した人気を保っています。スペインでは、ここに住むキューバ人から本場のサルサを習える教室も多くあります。日本ですと、ダンスは女性の方が習うイメージがありますが、意外にもスペイン人男性も女性と同じくらい生徒が習っています。サルサは男性主導の踊りなので、踊りに行ったとき、上手にエスコートしたいからでしょうか。クラスには、カップルでの参加もいましたし、若い男女から中年の方達まで幅広い年齢層で習っていました。さすがラテン人、みんな習得は早いですよ!!

スペイン人にも人気のサルサ。初心者でも安心、簡単なステップだけ覚えたら、気軽に踊りに出かけちゃおう! スペイン人にも人気のサルサ。初心者でも安心、簡単なステップだけ覚えたら、気軽に踊りに出かけちゃおう!

キューバ人のロドリゴ先生に習う

セビリアで私が習っていたのは、サルサ、バチャータ、ルンバを毎回ミックスして教えてくれるキューバ人のロドリゴ先生でした。サルサが踊れるスペースを持つ、中米系のバルでお客さんのあまりいない19時からの初心者クラス、一ヶ月の月謝が35ユーロ(約4500円)と格安!!ロドリゴ先生は、少しゲイっぽいセクシーなダンサーで、彼の振りを見て覚えていくので、説明してくれるスペイン語が分からなくても大して問題ではありませんでした。また、先生がイベントがあると声をかけてくれるので、最初はどきどきでしたが、無事にサルサクラブデビューもできました。

簡単なステップだけ習えば、すぐデビュー

サルサだけを踊りたい人たちのためにあるのが、通常のクラブ(スペイン語でディスコテカ)ではなく、サルサクラブです。たいてい水曜から日曜に開いていて、時価は21時から、週末はもう少し遅くに始まります。そのお店がオープンする前に無料・有料でワンレッスンしてくれるクラブもあります。サルサは基本のステップが分かると、知らない曲でも馴染みやすいダンスです。旅行者の方でも、長期滞在の方も体験がてら1回レッスン受けてステップを覚えたら、すぐその日のサルサクラブデビューも大丈夫。上手いかはさて置き、ダンスですから楽しいのが一番です!

スペインのクラブってどんな感じ

スペインの夜遊びに欠かせないのが、ディスコテカ。たいてい週末の夜12時頃からオープンして朝方まで開いています。サロンによって、サルサ、POPS、テクノと曲調が分かれているクラブもあります。また、クラブによって、お客の年齢層が分かれていて、知らずに行くと、ここはみんな若い!とかみんな中年ばかりだ!ってことも(スペインは中年世代でもクラブで踊りますよ!)。また、スペイン人がクラブに現れるのは午前2時過ぎからと、とても遅いのです。というのは、ランチやディナーの時間が日本より約2時間ほど遅く始まるスペインならでは、でないしょうか。もちろん朝方まで元気なのが、スペイン人です。