page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
スペイン・トレド・観光地・名所の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

トレドの修道院を巡ろう。


掲載日:2010/10/18 テーマ:観光地・名所 行き先: スペイン / トレド

タグ: ためになる 教会 素晴らしい 歴史


2つの秀でる修道院

この修道院は、なんといっても外壁の”鎖”がシンボルであろう。 この修道院は、なんといっても外壁の”鎖”がシンボルであろう。

トレドの旧市街地内には、たくさんの修道院がある。歩いていると、教会と修道院、そしてモスクなどの宗教的建築物がいかに多いかわかる。修道院の中でも有名なのは、MONASTERIO DE SAN JUAN DE LO REYES(サン・フアン・デ・ロス・レジェス修道院)と、MONASTERIO DE SANTO DOMINGO EL ANTIGUO(サント・ドミンゴ・エル・アンテゥグオ修道院)ではないだろうか。サン・フアン・デ・ロス・レジェス修道院は、カトリック両王の後援によって建築されたフランシスコ会の修道院である。

外壁に飾られている鎖は??

内部の教会は、比較的シンプルであるが、太陽の光りが入り美しく温かい。 内部の教会は、比較的シンプルであるが、太陽の光りが入り美しく温かい。

もともとは、王室の霊廟にする目的のために建てたが、フアン王子の生誕とトロの戦いの勝戦記念という意味もあったそうだ。スペインにあるイサベル・ゴシック様式としては、大変価値のある建物の1つであり、1926年にはスペインの歴史芸術記念物に指定されている。この修道院で興味深いのは、やはり外壁に飾られている鎖であろう。1485年から86年の間にあったアラブ人とのマラガとアルメリアの戦いにて助けられたカトリック教徒捕虜が、神と彼らの女王に、彼らへの永遠の感謝の気持ちとして奉納されたものだそうだ。この鎖を見るたびに当時の痛みを感じることができる印象的な記念品だと思った。

トレドで一番古い修道院

教会内部に飾られていたベレン。クリスマス時期になると、スペインではクリスマスの飾り”ベレン”を教会内にて楽しむことができる。 教会内部に飾られていたベレン。クリスマス時期になると、スペインではクリスマスの飾り”ベレン”を教会内にて楽しむことができる。

しかも、捕虜たち自らがトレドまで来て奉納したというから、その喜びは計り知れなかったであろう。現在壁に飾られている数よりも、当時はもっとたくさんあったらしい。もう1つの、MONASTERIO DE SANTO DOMINGO EL ANTIGUO(サント・ドミンゴ・エル・アンティグオ修道院)は、トレドの中で一番古い修道院とされ、その歴史は1085年まで遡る。エル・グレコがデザインした祭壇屏と彼のお墓があることで有名である。祭壇屏は、1577年から1479年の間に描かれたそうだ。

修道院とエル・グレコ

サント・ドミンゴ・エル・アンティグオ修道院の入り口。入り口からも質素さがうかがえる。 サント・ドミンゴ・エル・アンティグオ修道院の入り口。入り口からも質素さがうかがえる。

現在3つ残っている祭壇屏のオリジナルであるが、実際は9つあったそうで、7つが主祭壇用、2つがサイドの祭壇用であったという。現在残っているオリジナルは、主祭壇用のフアン・エバンへリスタ聖人画とバウティスタ聖人画、そしてサイド用のキリスト復活画である。残っていない6つは、売ってしまったそうで、コピーが飾られている。見学できる修道院内は、実に質素な作りになっており、現在でも続く修道院生活が伺える。院内では、この地方で有名な手作りMAZAPAN(マルチパン)が販売されているので、お土産に悩んでいる場合都合がよいであろう。修道院の収入にもなるので、是非お試しを!

サント・ドミンゴ・エル・アンティグオ修道院の入り口には、関わりが深かったエル・グレコの名前が刻まれている。 サント・ドミンゴ・エル・アンティグオ修道院の入り口には、関わりが深かったエル・グレコの名前が刻まれている。

■MONASTERIO DE SAN JUAN DE LOS REYES
住所:AVDA. REYES CATOLICOS, 17
電話:925-22 38 02
開館時間:10:00 - 17:30(10/1 - 3/30), 10:00 - 18:30(4/1 - 9/30)
入場料:2.3ユーロ
HP: http://www.sanjuandelosreyes.org/
■MONASTERIO DE SANTO DOMINGO EL ANTIGUO
住所:PLAZA DE SANTO DOMINGO EL ANTIGUO, S/N
電話:925-22 29

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2010/10/18)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索