page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
スペイン・ビトリア・世界遺産の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

スペイン最古の宗教建築、世界遺産サン・ミジャンのユソ修道院とスソ修道院


掲載日:2009/09/14 テーマ:世界遺産 行き先: スペイン / ビトリア

タグ: 一度は行きたい


リオハへの旅

ひっそりと山の崖に建つスソ修道院。 ひっそりと山の崖に建つスソ修道院。

リオハ(RIOJA)というとワイン好きな方ならば、ワインの名産地!とすぐに思い浮かべることでしょう!リオハはスペインでも古くからワインの産地として有名です。ワイナリー巡りをして、ワイン文化を深めるのももちろんですが、リオハには日本にはまだあまり知られていない沢山の観光スポットもあります。なかでも今回ご紹介する、サン・ミジャン(Monasterio de San Millán)、ユソ修道院とスソ修道院は1997年にユネスコ世界遺産にも登録され、世界中から観光客が訪れています。

古い建物、スソ修道院

大規模なユソ修道院。建物はルネッサンス、ゴシック様式。 大規模なユソ修道院。建物はルネッサンス、ゴシック様式。

リオハ州の山中、サン・ミジャン・デ・ラ・コゴジャ(San Millán de la Cogolla)には時代の異なるユソ修道院(Yuso)とスソ修道院(Suso)が立ち、どちらもこの地に生まれ、育ったスペインの聖人である聖エミリアヌ(スペイン語ではサン・ミジャン)に因んだ修道院です。古い建築は上という意味をもつ、スソ修道院。もともとは6世紀ごろ、人里離れた山に住んだサン・ミジャンの死後、巡礼者が多く訪れ、修道院が立てられました。この修道院では現存するスペイン語、バスク語の文書が発見されたことでも有名です。

ユソ修道院

ユソ修道院内。宗教画なども沢山ある。 ユソ修道院内。宗教画なども沢山ある。

一方、下という意味のあるユソ修道院は、山の麓に位置し、スソ修道院に比べるとかなり大きな建築物になります。11世紀にナバラ王によって建築されましたが、現存するほとんどが16世紀ー18世紀に再建された建物です。修道院内はガイドによる見学が可能で、修道院に保存されてる宗教画や調度品などもみることができます。また図書館は古いもので10世紀から18世紀ごろまで図書館に所蔵する書籍はスペインの修道院の中でも最大級といわれています。現在でもこの修道院では修道士たちの生活が続いています。

ツアーを利用しても!

一冊40から60キロするという大きなコーラス楽譜も保管されている。 一冊40から60キロするという大きなコーラス楽譜も保管されている。

人里離れた山にあるこの修道院は、交通のアクセスがあまりないのが問題。日本から来る観光客にとっては、レンタカーが唯一の手段となるでしょう。世界遺産に登録されていることもあって、この修道院が訪問先となっているツアーもある、ツアーを使うのも一つの手です。2つの修道院を一日で観光することは時間的に可能です。(どちらも所要時間一時間くらい)。スソ修道院は現在でも一般車のアクセスは不可能!訪問者も予約制限されているほどです。事前の予約することを忘れずに!

■ Monasterios de San Millán de la Cogolla
 (Monasterio de Yuso / Monasterio de Suso ユソ修道院 スソ修道院 )
住所:26326 San Millán de la Cogolla, La Rioja 
閉館日:月曜日                 
HP:http://www.monasteriodeyuso.org/     
スソ修道院の予約:941 373082 (TEL・FAX)

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2009/09/14)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索