page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

サラゴサグルメガイド

サラゴサのグルメ・伝統料理

サラゴサを含むアラゴン地方は、良質の野菜と、「テルナスコ」と呼ばれる生後70〜100日、体重10〜13kgの子羊の肉の産地として知られている。テルナスコを使った代表的な料理は、腿の部分のロースト。肉の味がしっかりとしていて、グルメな人も満足の一品だ。食事のメインは他にも肉を使った素朴な料理が多く、子ヤギや豚もよく食べられる。その他の郷土料理には、鶏肉とトマトやピーマンなどを煮込んだ「チリンドロン」や、「干し鱈のアホアリエロ風」、いわしや赤ビーマンを載せたピザのようなパンの「レガニャオス」などが挙げられる。 (2015年編集部調べ)


サラゴサのレストラン・屋台

サラゴサでは、予算に応じて地元グルメを楽しむことができる。旧市街のバルでは昼の定食が10ユーロ以下で食べられ、レストランではこの地方の伝統料理や近頃流行しているモダンな創作料理も30〜40ユーロくらいの予算で食べられる。アラゴン産の食材(アラゴン産の子羊やエブロ川流域の野菜、テルエル産生ハムなど)を使ったタパスもおすすめ。美味しい店が揃っているのは旧市街の中心部で、エル・トゥーボと呼ばれる界隈や、サン・ミゲル広場周辺、インデペンデンシア大通り周辺に多い。(1ユーロ=約140円)

サラゴサの水・お酒

アラゴン州には、ソモンターノ、カラタユ、カンポ・デ・ボルハ、カリニェーナの4つの原産地呼称ワインがある。アルコール度数が高めで“荒っぽい”と称されるアラゴンの赤ワインだが、これはぜひ子羊などの肉料理に合わせて飲んでみたい。水道水は飲んでも問題ないが、スペインの水は硬水なので、体調が心配な人はミネラルウォーターを飲む方がいいだろう。炭酸入り(コンガス)と炭酸なし(シンガス)の2種類がある。ワインなどのお酒はスーパーや商店で買えるが、スペインでは18歳未満の飲酒は禁じられている。


ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


サラゴサグルメ・料理の情報が満載の徹底ガイド。在住ガイドによるサラゴサの伝統料理や食事のマナーなど情報が満載。
サラゴサのグルメ・料理なら、日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードで!