page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
スウェーデン・エステルスンド・観光地・名所の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

大自然に囲まれたリゾート施設“Holiday Club”に、カップルも家族もおおはしゃぎ!


掲載日:2007/11/21 テーマ:観光地・名所 行き先: スウェーデン / エステルスンド

タグ: たのしい カップル スパ テーマパーク 子供にオススメ


滞在そのものを楽しむ施設やプランが充実

鉄道の駅の隣に建つ。ホテル所有のホールでのコンサートなど、アクティビティも各種企画している 鉄道の駅の隣に建つ。ホテル所有のホールでのコンサートなど、アクティビティも各種企画している

Are(Aの上に丸のつく文字使用の)オーレは、スウェーデンの中でも憧れのスキー場のひとつで、ストックホルムをはじめ全土から、最先端情報に敏感な人々が集まってくる。そして、フィンランドに多くの拠点を持つ総合リゾート施設“Holiday Club”が、スウェーデンの中で白羽の矢を立てたのが、オーレ。以前は、アットホームな雰囲気の山荘風ホテルなどが宿泊の中心だった町に登場したホリデークラブは、長期滞在にもぴったり

外は大雪でも常夏気分を満喫できる屋内プール

これがウォータースライダー。屋外から屋内に入るとチューブの中も暗くなるのがちょっとスリリング これがウォータースライダー。屋外から屋内に入るとチューブの中も暗くなるのがちょっとスリリング

マイナス20度も当たり前、風が強い日にはスキーリフトも止まることもあるオーレの冬。ホリデークラブに宿泊していれば、そんな悪天候でも、リゾートを別の方法で満喫できる。常夏のハワイのような気温とまではいかないけれど、プール施設は快適な温度に保たれている。泳ぎこみたい人には競泳用、ぶくぶくと泡が溢れるホットタブや、幼児用プールなど、全部でプールは8種類。眺めのよい外のプールへは中のプールから泳いでいくことができる。そして、外部にうねうねと伸びる67メートルのスライダーは、年齢に関係なく気分は爽快! ぜひお試しあれ。

スウェーデンの極上スパを体験しよう

屋内プールからトンネルをくぐるとこちら屋外プールへ。目の前には湖が広がる絶好のロケーション。新鮮な空気でリフレッシュして 屋内プールからトンネルをくぐるとこちら屋外プールへ。目の前には湖が広がる絶好のロケーション。新鮮な空気でリフレッシュして

北欧自慢のサウナは6種類。ドライやミストタイプで汗をたっぷり流したら、マイナス18度に設定されたアイスサウナで毛穴をきゅっと引き締めよう。スパルームでは、マッサージはパックなど日ごろのストレスを解消して肌や心につやを与えるトリートメントが揃っている。フェイシャルマッサージ、ピーリングなど一通り体験できるコースは50分で650クローナ(約11,000円)。ハーブを使ったピーリングや全身フルマッサージだと80分で1125クローナ(約2万円)だ。

居心地のよい客室で英気を養う

ミニゴルフはこの地方にまつわる自然や物をモチーフに設定されている。家族や友人とわいわい楽しめる ミニゴルフはこの地方にまつわる自然や物をモチーフに設定されている。家族や友人とわいわい楽しめる

プールやスパ以外には、ボーリング(250クローナ、約4,300円から)、シミュレーションタイプのゴルフ打ちっぱなし(200クローナ、約3,500円から)、ミニゴルフ(ひとり30クローナ、約500円)、各種ゲームなど娯楽施設は目白押し。また、客室は使い勝手のよいシンプルなつくりで、バスルームなど空間にも余裕があってのんびりくつろげる。ちょっと値段は上がるけれど、湖側の部屋は眺めもよいのでお勧めだ。

【関連情報】

チェックインカウンターのあるロビー部分は吹き抜けになっている。中心には暖炉が、周りにはスパ、レストランやショップが並ぶ チェックインカウンターのあるロビー部分は吹き抜けになっている。中心には暖炉が、周りにはスパ、レストランやショップが並ぶ

■Holiday Club (ホリデークラブ)
電話:0647-12000
行き方:ストックホルムのアーランダア空港から、オーレの最寄の町Ostersund(エステルスンド)にあるオーレ・エステルスンド空港へは1時間ほど。空港からは車またはバスで1時間ほど。
料金:週末、週日、窓からの景色(湖側と町側)によって値段が変わる。
メールアドレス:www.holidayclub.se

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2007/11/21)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索