page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
スウェーデン・エステルスンド・カフェ・スイーツの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

Fikaと相性バツグンのペイストリーや風味豊かなエコロジーパンでおなかも心も大満足!


掲載日:2008/08/21 テーマ:カフェ・スイーツ 行き先: スウェーデン / エステルスンド

タグ: おいしい スイーツ


地元オーレ民御用達の店

「パンは生き物だからね、時間をかけて丁寧につきあうのがおいしく焼く秘訣かな」。自慢のパンを前に笑顔で語る、パン職人でオーナーのグレーゲルさん。手作りパン、外側はカリッ中はモチモチ 「パンは生き物だからね、時間をかけて丁寧につきあうのがおいしく焼く秘訣かな」。自慢のパンを前に笑顔で語る、パン職人でオーナーのグレーゲルさん。手作りパン、外側はカリッ中はモチモチ

香ばしいパン、ほの甘いペイストリー、ケーキを製造販売するオーレ随一の店、Are Bageri & Breadgarden。24年前、当時大工だったオーナーがお客の意見を聞きながらコツコツと作りあげた味わいは、今では地元の人々の生活の一部になっているほどポピュラーな存在だ。
去年の秋から今年にかけて店内を大改装し、イートインコーナーにも余裕ができた。「仕事の前に朝はここでコーヒーを飲むのが日課」という常連さんにも好評だとか。

体に優しいエコロジーパンで野外スポーツをサポート

野菜、チーズ、ミートボール、ハムなどを彩りよくアレンジしたボリューム満点のサンドイッチ 野菜、チーズ、ミートボール、ハムなどを彩りよくアレンジしたボリューム満点のサンドイッチ

「僕らは新鮮な空気、きれいな水や雪を頂いた山々などオーレの大自然と野外活動が大好き。だから、エコロジーな小麦と地元のおいしい水を使って人と自然に優しいパンを焼くように、そして店内で気持ち良い時間を過ごしてもらえるように心がけています」と、グレーゲルさん。ベーカリーは国際団体と提携してスウェーデンでエコロジー食品の普及に努めているKRAVのお墨付きだ。
また、地元オーレスキー場で開かれるフリースタイルのワールドカップやスノーボードのイベントなどウインタースポーツの大会のスポンサーもしており、大会中、選手や役員の冷えた体を熱々のコーヒーとカニェルブッレ(スウェーデンのシナモンロール)やマフィンで応援している。

イートインコーナーのコーヒーはお代わり自由

サクサク感がたまらない甘いヴィエナブロードは、コクのあるスウェーディッシュコーヒーといただこう サクサク感がたまらない甘いヴィエナブロードは、コクのあるスウェーディッシュコーヒーといただこう

「本物の味がわかる人のために、自然の材料を使って昔ながらのシンプルなレシピで心をこめて焼いています。もちろん添加物は一切なし。酵母を使っているので独特の風味が楽しめます」。グレーゲルさんは続ける。
イートインコーナーではお代わり自由のコーヒー20クローナ(約350円)、パン、チーズ、シリアル、ヨーグルトや飲み物などを好みで選ぶことができる朝食79クローナ(約1400円)、クリーミーな泡立ちのカプチーノ26クローナ(約460円)、バニラ風味のクリームが真ん中にのったヴィエナブロード18クローナ(約320円)などを味わうことができる。

“Fika”はスウェーデン人の合言葉

ブルーベリーとイチゴをあしらったケーキは見てよし食べて美味 ブルーベリーとイチゴをあしらったケーキは見てよし食べて美味

ところで“Fika(フィーカ)”ってなに? と思っている方もおいでになるかと思うのでちょっと説明しておこう。
スウェーデンでは仕事や勉強の合間にちょっと一休みするときに「ちょっとフィーカする?」というように使う。日本の「お茶する?」と同意。飲み物はコーヒー、紅茶、ジュースなどなんでもありで、その相方にピッタリなのが甘いペイストリーや軽くチーズやハムをのせたオープンサンド。
アウトドアスポーツの小休止に、オーレバーゲリーでフィーカのひと時をぜひあなたもどうぞ。

【関連情報】

入り口を入ったすぐの右手にはクッキーなどがディスプレーされている。奥に進むと右手にキャッシャー、その先にあるのがイートインコーナー 入り口を入ったすぐの右手にはクッキーなどがディスプレーされている。奥に進むと右手にキャッシャー、その先にあるのがイートインコーナー

■ Are Bageri & Breadgarden
住所:Arevagen 55 830 13 Are
電話:0647-523 20
開店時間:カフェテリアは7:00〜17:00。
行き方:エステルスンドにあるオーレ・エステルスンド空港またはエステルスンド市内からオーレまではE14号線で西へ約100キロ、車またはバスで1時間半ほど。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/08/21)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索