page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
スウェーデン・エステルスンド・カフェ・スイーツの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

スウェーデンでポピュラーな国民的菓子パン“カニェルブッレ”を食べよう!


掲載日:2008/09/25 テーマ:カフェ・スイーツ 行き先: スウェーデン / エステルスンド

タグ: おいしい カフェ スイーツ


2008年、その日がやってくる

シナモンの香りが鼻をくすぐるTornersのカニェルブッレは15クローナ(約240円) シナモンの香りが鼻をくすぐるTornersのカニェルブッレは15クローナ(約240円)

今年も10月4日、Kanelbulle(カニェルブッレ)の日がやってくる。政府が定めた公式の祝日ではないけれど、「スウェーデンでもっともポピュラーな国民的菓子パンであるカニェルブッレをもっと食べよう!」という特別な日。1999年、「行事の少ない秋になにかないものか?」、と思案したホームベーカリー協会が協会設立40周年を記念して制定したものという。
去年は記念日当日、全国で300万個の売り上げを記録したというほどの盛りあがりもみせており、これは老若男女含めて国民のほぼ三分の一が口にした計算だ。このパンの根強い人気が計り知れるだろう。

自宅で気軽に焼くことができるホームベーキング伝統の味

こちらは自家製。形が不揃いだが自分好みの味に仕上げられるのがうれしい こちらは自家製。形が不揃いだが自分好みの味に仕上げられるのがうれしい

「カニェル」とはシナモン、「ブッレ」はロールの意。つまり「カニェルブッレ」とは英語でシナモンロールのことだ。50年代にスウェーデンで誕生したとも言われているほど、この国ではおやつや軽食として日常生活にごくあたりまえのように存在している。
作り方はとてもシンプル。四角く伸ばしたパンの生地に砂糖、バター、シナモンと好みでカルダモンを巻き込んでロールにしたものを輪切りにし、成形、最終醗酵させ、オーブンに入れて焼く前に白い砂糖粒をトッピング。ベーカリーなどで買うのもポピュラーだが、時間のある週末など気軽に手作りする家庭も多い。ちなみに我が家では干しぶどうや砕いたアーモンドなどを巻き込んだりして、味の変化を楽しんでいる。

いつでもどこでも賞味できる人気のパン

オーレバーゲリー製は大16クローナ(約250円)、小10クローナ(約160円) オーレバーゲリー製は大16クローナ(約250円)、小10クローナ(約160円)

記念日には、幼稚園や老人の集うホームで焼いたものを子どもとお年寄りが一緒になっておやつの時間に楽しんだり、学校の家庭科の授業で焼くなど、伝統的な家庭でのパン作りを若い世代に伝える役割も果たしている。
10月4日がカニェルブッレの特別な日と制定されてはいるものの、その日を逃しても、また、エステルスンドのみならず、ストックホルムなどスウェーデン各地のベーカリーでいつでも味わうことができるので、あわてなくても大丈夫

地元っ子に人気のカフェでFikaのひとときを!

自家製パンにゆでた小エビ、サラダなどをトッピングしたオープンサンドイッチはボリューム満点 自家製パンにゆでた小エビ、サラダなどをトッピングしたオープンサンドイッチはボリューム満点

1955年、町の大広場近くにオープン以来、とくに天気のよい午後や週末には、コーヒーや香ばしい焼きたてカニェルブッレ、マジパンで飾った甘いケーキ、小エビをのせたオープンサンドイッチなどを求める人で行列ができるほどの人気店。
店内のイートイン・コーナーはスペースに余裕があって、乳母車で赤ちゃんや子どもを連れたお母さんたちの憩いの場としてもにぎわっている。
コーヒーはリフィル自由で21クローナ、カプチーノ26クローナ、ラテ28クローナはラクトースフリーも用意。
ショッピングの合間、ちょっと一服Fika(スウェーデン語で一休みしてお茶することの意)のひとときを。

【関連情報】

季節のよい時期には店の前の歩道がオープンカフェに変身。道行く人を眺めながら日差しを浴びておしゃべりを楽しむ人でにぎわう 季節のよい時期には店の前の歩道がオープンカフェに変身。道行く人を眺めながら日差しを浴びておしゃべりを楽しむ人でにぎわう

■ Torners Konditori
住所:Storgatan 24 831 30 Ostersund
電話:063-518760
開店時間:月曜から金曜、7:30〜17:00、土曜9:00〜17:00、日曜10:00〜17:00。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/09/25)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索