LOPPISはすてきな宝箱

スウェーデン・エステルスンド・ショッピングの現地ガイド記事

Subscribe with livedoor Reader RSS

LOPPISはすてきな宝箱

掲載日:2014/11/16 テーマ:ショッピング 行き先: スウェーデン / エステルスンド ライター:田中ティナ

タグ: おもしろい カフェ 雑貨



ABガイド:田中ティナ

【スウェーデンのABガイド】 田中ティナ
全ガイドを見る
スウェーデン(エステルスンド)在住。通学したスウェーデン語学校では世界あちこちからの移住者とも友人となり、今でも楽しく、そしてびっくりの異文化交流を体験中。食、育児、教育、アンティーク、イベント、そして雄大な自然たっぷりの観光スポットなど、在住者ならではの旬の情報をお届けいたします。

遠方からも目当てのレコードを探してマニアが訪れるというコレクションをバックに、笑顔で迎えてくれたロッピスオーナーのヨーナスさん 遠方からも目当てのレコードを探してマニアが訪れるというコレクションをバックに、笑顔で迎えてくれたロッピスオーナーのヨーナスさん

物をだいじにする暮らしの陰にロッピスあり

車を走らせていると、道沿いに「LOPPIS」の看板を目にすることがある。あちこちで見かけるものだから、「LOPPIS(ロッピス)というチェーン店でもあるのかしら?」、という気にもなりそうだが、実はこれ、中古品を扱うリサイクルショップのこと。ごみとして処分するにはもったいなく、まだ役に立ちそうな物たちは、次のオーナーとの出会いを期待してロッピスに持ち込まれることがある。新品では値が張って手が出ないものでも、ロッピスで少々古くてもそれに似たような品と出会うことができたら、お客としてはとってもラッキー。予算と相談しながら、好きな物で暮らしを整えるには、ロッピスはありがたい存在なのだ。

 

手前左手の箱の中に見えるのは段差のついたのし棒はちょっと古い品みたい 手前左手の箱の中に見えるのは段差のついたのし棒はちょっと古い品みたい

生活道具がよりどりみどり

「遺産相続したけれど必要のない品など引き取って、といわれることもあるんです」と、マットマール・ロッピスのオーナー、ヨーナスさんは教えてくれた。店内を拝見すれば、アンティークから、最近買ったけれど自宅にそぐわなかったからと持ってこられたような品物など、商品の種類はいろいろだ。大きいものはソファーやたんす、日曜大工の工具、細かいところでは皿やカップ、キッチン用品、おもちゃ、レコード、洋服、敷物やテーブルクロスなどの布製品など、家や生活に関連するものはほぼすべてそろっているといっても過言ではないだろう。

 

キャンドルを使うことの多いので、キャンドルホルダーも多種多彩。こちらはダーラナホースをモチーフにしたもの キャンドルを使うことの多いので、キャンドルホルダーも多種多彩。こちらはダーラナホースをモチーフにしたもの

古いものだからこその風合いを大切に

陶芸家として活動していたヨーナスさんは、10年ほど前にアンティーク関連の事業をインターネットで始め、2013年夏に現在のお店をオープンした。お店を構える建物は元小学校だったそうで、天井が高く窓も大きいので、「古いものがおいてあるのに古臭いにおいもしないし、ごちゃごちゃしていなくて見やすいわ」とお客様に好評だそう。
また、入り口左手奥のキャッシャーの先に見えるレコードコーナーには、LPやSPのレコードジャンル別に並べられており、レコードファンが遠くから掘り出し物を見つけにやってくるという。

 

敷物はサイズも色合いも種類が豊富。重さが気にならなければお土産にいかが? 敷物はサイズも色合いも種類が豊富。重さが気にならなければお土産にいかが?

旅の途中の休息にもぴったり

とくに夏場の旅行シーズンは、スウェーデンはもとより、隣国ノルウェーやドイツ、オランダなどからキャンピングカーで移動する人々が旅の途中、一休みがてら立ち寄ることが多く、客層も家族ずれ、カップル、友人同士のグループなど、子どもから年金生活者まで多彩だそう。「店の駐車場と反対側は広い芝生になっていて、遠くに山並みが見えたりして開放的な雰囲気です。これから冬にかけてはちょっと厳しいかもしれないけれど、季節のよいころにはお弁当を広げたり、菓子パンとコーヒーでFikaにもぴったりの憩いの場ですよ」と、日本人の奥様が笑顔でアドバイス。ロッピスの楽しみ方もいろいろだ。

 

こちらのサインは公的看板。このほか、手作りの看板も道路沿いには立っていることもあるので、見逃さないように こちらのサインは公的看板。このほか、手作りの看板も道路沿いには立っていることもあるので、見逃さないように

関連情報

■ Mattmar Loppis
住所:Mattmars-Bye 402 Mattmar, 83002 Mattmar
電話:070-3657155 (日本語応対可)
開店時間:火曜から金曜10:00〜18:00、土11:00〜16:00、日、月曜閉店
行き方:エステルスンドからは約50km、車で40分ほど。E41を西へ、Krokomを経由してAre方向へ。

 
 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2014/11/16)
※渡航前に必ず現地の安全情報をご確認下さい。http://www.anzen.mofa.go.jp/
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 
 
エイビーロードTOPへ

海外旅行の比較検討サイト エイビーロードでぴったりの海外ツアーが探せる、見つかる! 160社超の旅行会社の提供するツアー・航空券、海外ホテルの比較検討ができます。
海外旅行に必要な現地の情報『海外旅行徹底ガイド』や現地在住のABガイドも要チェック!


おすすめガイド記事