page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
スウェーデン・エステルスンド・ショッピングの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

個性豊かな手工芸作家に会える、吹きガラス工房兼ギャラリー


掲載日:2017/05/21 テーマ:ショッピング 行き先: スウェーデン / エステルスンド

タグ: お土産 かわいい ショッピング 素晴らしい 美しい 欲しい


エレガントなガラスのアーティストたち

はっきりした色味と曲線で描くフォルムが好きなニッラさん。動物をモチーフにした作品も制作している はっきりした色味と曲線で描くフォルムが好きなニッラさん。動物をモチーフにした作品も制作している

大きな湖のほとりにあるエステルスンド。湖には、水遊びを好むスウェーデン人の御多分にもれず、温かい季節になると、待ってましたとばかりにヨットやボートが係留されるハーバーがあり、その向かいに見えるレンガ造りの建物がガラス工房兼ギャラリー「Storsjohyttan」だ。
スウェーデン南部に本社を持つガラス製品会社、「オレフォシュ」の作品制作を学ぶ学校で知り合ったというアンナさん、ウッラさんとニッラさん。いつか自分たちの工房が持てたらいいわね、と意気投合し、その後、それぞれ腕を磨きながら、1995年に自分たちのアトリエ兼ギャラリーを誕生させた。現在、イェムトランド県では唯一のガラス工房だそう。

広々とした工房で作品制作

それぞれの植物にぴったりの花瓶が見つかりそう。飾り方にもさりげなく作家のセンスが感じられる それぞれの植物にぴったりの花瓶が見つかりそう。飾り方にもさりげなく作家のセンスが感じられる

玄関を入ったところにある大きな部屋には材料を高温で溶かすための炉が設置され、3名の女性作家たちが実際に長い金属管の先端に溶かしたガラスをからみつけ、反対側から息を吹き込んでふくらまし、ガラスに命を吹き込んでいく。昔ながらの吹きガラスの工法だ。真剣なまなざしで制作に取り組む彼女たちの制作現場を見学することもできるというわけ。
また、入り口を入った左手の小部屋には観葉植物や花を生けた花瓶などが壁や机に飾られている。ガラスの花瓶が窓からの木漏れ日にきらめく様は、インテリアデコレーションの参考にしたい雰囲気だ。

個性豊かな作品

ねじったキャンディーをイメージさせるデザインの花瓶はアンナさんの作品。580クローナ(約7400円)ほど ねじったキャンディーをイメージさせるデザインの花瓶はアンナさんの作品。580クローナ(約7400円)ほど

3名の女性ガラスアーティストが紡ぎだすガラス製品は、コップや花瓶など実用的なアイテムに加え、壁掛けや置物などのデコレーション品までいろいろだ。
それぞれ個性豊かで、作品の色どりは三者三様ではあるけれど、基本的に作品制作で気にかけていることは、素材の持つ風合いと透明感を最大限に引き出し、フォームを大切にすることだそう。
ひとつずつ手作りのため、がっしりと武骨な風合いの中に繊細さをも感じられるコップはそれぞれ微妙に大きさ、形、厚みが異なる。両手で包むように手に取ると、冷たいはずのガラスなのに、不思議とぬくもりが感じられる。

伝統技法に新技術を取り入れるチャレンジ精神

窓の向こうに見えるのがハーバー。夏はボートやヨットでにぎわうスポット 窓の向こうに見えるのがハーバー。夏はボートやヨットでにぎわうスポット

また、ワイングラスには、古代北欧人であるルーン文字をイメージしたシンボルをあしらうなど、スウェーデンならではの伝統もさりげなくアレンジされている。
古くから伝わる伝統的な吹きガラスの手法に、彫りをいれたり、色を上掛けするなど新し技術を積極的に取り入れて作品の可能性を広げている。
そして、お互い仕事仲間として刺激しあいながら、それぞれが独自の作風を追求しいているところもこのギャラリーのチャームポイントのひとつ。
彼女たちのチャレンジ精神がある限り、今後の作品展開がたのしみな工房だ。

関連情報

元電気会社の所有だったという、レンガ造り建物を改装した工房とギャラリーだ 元電気会社の所有だったという、レンガ造り建物を改装した工房とギャラリーだ

■ Storsjohyttan
住所:Sjotorget 5
831 30 Ostersund
電話:063-13 36 30
開店時間:火曜〜木曜、10:00〜17:00。金曜、10:00〜16:00。土曜、11:00〜15:00。日曜閉店。

URL:http://storsjohyttan.com/storsjohyttan-glassworks-ostersund

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2017/05/21)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索