ゲレンデは開放感いっぱい!北極圏のスキー場「リックスグレンセン」で楽しむスキー

スウェーデン・アビスコ・スキー・スノーボードの現地ガイド記事

Subscribe with livedoor Reader RSS

ゲレンデは開放感いっぱい!北極圏のスキー場「リックスグレンセン」で楽しむスキー

掲載日:2009/01/26 テーマ:スキー・スノーボード 行き先: スウェーデン / アビスコ ライター:田中ティナ

タグ: たのしい スキー・スノーボード



ABガイド:田中ティナ

【スウェーデンのABガイド】 田中ティナ
全ガイドを見る
スウェーデン(エステルスンド)在住。通学したスウェーデン語学校では世界あちこちからの移住者とも友人となり、今でも楽しく、そしてびっくりの異文化交流を体験中。食、育児、教育、アンティーク、イベント、そして雄大な自然たっぷりの観光スポットなど、在住者ならではの旬の情報をお届けいたします。

山頂付近からベースを眺める。コースが仕切られていない部分も多い。注意しながら自分のルートを取ることができる 山頂付近からベースを眺める。コースが仕切られていない部分も多い。注意しながら自分のルートを取ることができる

シーズン最後の雪を楽しめる秘密のスポット

北緯68度25分。北極圏にあるスキー場、Riksgransen(リックスグレンセン)。夏は地平線へ近づいた太陽は没することなくまたのぼり始める、白夜。逆に冬は1日中太陽に会うことのない、極夜を迎える。そのため、スキー場のオープンは2月中旬以降の19日となっているのだ。そして、シーズン終了は5月31日を予定している。つまり、通常のシーズンが終わっても、まだまだ雪と遊びたいというスキーヤーやスノーボーダーたちが、最後の雪を求めて集まるコアなスキー場なのだ。
‘Riksgransen’とは「国境」の意。その名のとおり隣国ノルウェーまでは700メートルほどの距離だ。

 

こちらホテル正面玄関。ホテルのあるベースの標高は500メートルほど。スキースロープの最大標高差は約400メートル。リフト数は6基でコースは15、オフピステは14となっている こちらホテル正面玄関。ホテルのあるベースの標高は500メートルほど。スキースロープの最大標高差は約400メートル。リフト数は6基でコースは15、オフピステは14となっている

見晴らしの良いゲレンデは開放感いっぱい!

このあたりは1年を通じてあまり気温が上がらないため木がなかなか成長しない。南部ではすっくと伸びて夏になれば緑の木陰を作る白樺も、こちらではコキコキと曲がり、まるで日本の山岳にあるハイ松のような感じだ。
だから、スキー場に高い木々はなく、天気がよければ遠くまで見渡すことのできるオープンエアで、開放感いっぱい!
通常のリフトオープンは9時から16時だが、ユニークなのが白夜が近づく5月19日から5月末まで、火曜から金曜には夜10時から12時30分のナイター営業があるところ。これもここならではのサービスといえるだろう。

 

インドアプールの窓から山を眺めながらひと泳ぎ インドアプールの窓から山を眺めながらひと泳ぎ

アクティビティもいろいろ

そして、この時期スキーやスノーボードに出かけるほどスノースポーツの好きな人なら、きっと腕前にも自信があるはず。ホテルではそんなあなたのために、ゲレンデでは体験することのできない冒険ツアー、プロのガイドによるバックカントリーやヘリスキー(4月〜5月頃)も企画している。必要があれば安全のため装備も貸してくれるので安心だ。
雪上を快適にクルージングしたあとは、ホテル内のスパ施設でくつろいで明日に備えよう。
サウナ、プール、ジャグージーの利用はタオル利用も含め大人95クローナ(約1000円)。マッサージなどスパの予約は直接現地へ。

 

2008年大会のスロープスタイルのひとコマ。技術と創造性が作りだすオリジナリティあふれる演技に、観客やライダー仲間は拍手喝采 2008年大会のスロープスタイルのひとコマ。技術と創造性が作りだすオリジナリティあふれる演技に、観客やライダー仲間は拍手喝采

フリースタイルの真髄、ここに発見

さて、このスキー場がコアな存在であるのにはまだ理由がある。1992年の初大会以来、北欧のエクストリームスキー&スノーボードの中心地として世界のトッププロたちが集い雪と戯れてきた実績があるのだ。
2008年5月にはスキーとスノーボードの王者と女王を決める‘King of the hill’大会が開催された。種目はビッグエアー、モーグル(コブのあるスロープを滑り途中2回のジャンプ技を入れる)と自然の地形を使ったスロープスタイルの3種目。人が作ったパークではなく、そこにある崖、斜面や木などを活用し、自分のスタイルを自由に表現することができるコースを各ライダーが選択し演技する。まさにフリースタイルの真骨頂。
残念ながら2009年、開催は予定していないが、フリーライドの祭典、Scandinavian Big Mountain Championshipsは計画中。

 

フリーライドの大会‘Scandinavian Big Mountain Championships’も2008年に引き続き5月12〜14日に予定中 フリーライドの大会‘Scandinavian Big Mountain Championships’も2008年に引き続き5月12〜14日に予定中

【関連情報】スキー場

■ Riksgransen (リックスグレンセン)
電話:0980-400 80
行き方:ストックホルムのアーランダ空港からキルナ空港まで約1200キロ、90分ほど。空港からは約140キロで列車、バスもしくは車を利用。車の場合約2時間。
リフト券:大人2時間券235クローナ(約2600円)、ユース(8〜15歳と63歳以上)190クローナ(約2000円)。1日券大人310クローナ(約3400円)。そのほか種類はいろいろ。
ヘリスキー:2時間ほどで3ピークを攻めるツアーはひとり2195クローナ(約24000円)。観光用のフライトはひとり495クローナ(約5400円)。
*値段は5名がひとつのヘリコプターツアーに集まった場合。
URL:http://www.stromma.se/en/Riksgransen/

■ Scandinavian Big Mountain Championships
URL:http://www.bigmountain.se/

 
 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2009/01/26)
※渡航前に必ず現地の安全情報をご確認下さい。http://www.anzen.mofa.go.jp/
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 
 
エイビーロードTOPへ

海外旅行の比較検討サイト エイビーロードでぴったりの海外ツアーが探せる、見つかる! 160社超の旅行会社の提供するツアー・航空券、海外ホテルの比較検討ができます。
海外旅行に必要な現地の情報『海外旅行徹底ガイド』や現地在住のABガイドも要チェック!


おすすめガイド記事