王様の小道を散策しながら北極圏の大自然を体感!〜アビスコ国立公園〜

スウェーデン・アビスコ・観光地・名所の現地ガイド記事

Subscribe with livedoor Reader RSS

王様の小道を散策しながら北極圏の大自然を体感!〜アビスコ国立公園〜

掲載日:2009/05/18 テーマ:観光地・名所 行き先: スウェーデン / アビスコ ライター:田中ティナ

タグ: 公園



ABガイド:田中ティナ

【スウェーデンのABガイド】 田中ティナ
全ガイドを見る
スウェーデン(エステルスンド)在住。通学したスウェーデン語学校では世界あちこちからの移住者とも友人となり、今でも楽しく、そしてびっくりの異文化交流を体験中。食、育児、教育、アンティーク、イベント、そして雄大な自然たっぷりの観光スポットなど、在住者ならではの旬の情報をお届けいたします。

アビスコ国立公園のベースはツーリストステーション。王様の道の北の起点でもある。道標を確認してさあ出発! アビスコ国立公園のベースはツーリストステーション。王様の道の北の起点でもある。道標を確認してさあ出発!

北極圏の貴重な自然をたどる登山道

途中途切れてはいるものの全長約425キロ、‘Kungsleden’という登山道が北極圏のラップランドから中部のダーラナ地方まで続いている。南北に長いため自然条件は森林限界を超えた地域や白樺林など多彩で、いろいろな植物や動物を観察することができるのが特長だ。ヨーロッパ屈指の野生の宝庫とも言える条件を揃えた道筋だからこそ、「王様の小道(登山道)」と称され親しまれてきたのも納得できるというもの。
さて、このルートは一方の端を北極圏内に位置するアビスコ(Abisko)国立公園を起点としている。スウェーデン国内にある28ヵ所の国立公園中8つがラップランド地方にあるが、その中でもアビスコは1909年に国立公園に認定されて以来、北極圏という特別な地域の山岳で見られる高山植物や動物の宝庫として大切にされてきた。

 

本格的登山から気軽な散策までルートもいろいろ

ルートは標高約2070メートル、国内最高峰のKebnekaiseを登頂する本格的な登山ルートから、リフトを使って眺めの良い地点まで登る気軽な散策ルートまでさまざま用意されている。
たとえば、アビスコのベースからリフトを使えば海抜約900メートルの近くのNuolja山まで一気に登ることができる。山頂からは渓谷沿いやノルウェーのフィヨルド方面に散策道が整備されている。
さらに5月末頃から7月中旬にかけて北極圏に位置するこの地方ならではの醍醐味に「白夜」が挙げられる。地平線へ沈みかけた太陽が隠れることなく再び昇りはじめる不思議をぜひ体験してみてはいかが?

 

ベテランガイドによるツアー

登山道や自然に精通したガイドによるツアーを活用するのも一案だ。料金はSTF(スウェーデン旅行者協会)会員と非会員の2通りある。
アビスコからKebnekaise山を巡るコースは8日間で出発は6月27日、7月6日、13日、30日を予定。会員5595クローナ(約69000円)、非会員6295クローナ(約78000円)。健脚の若者用や年齢55歳以上のための余裕あるツアーも各種あるので要チェックだ。8月末に計画されているのが一足早い秋を楽しむRapadalenツアー。この時期には蚊も姿を消し紅葉が楽しめるとか。会員4595クローナ(約57000円)、非会員4995クローナ(約62000円)。

 

登山道にはSTFが管理する山小屋が適当な距離ごとに整備されている。STFのサインはこれ 登山道にはSTFが管理する山小屋が適当な距離ごとに整備されている。STFのサインはこれ

STF会員の特典、割引サービスを活用

アビスコの宿泊施設はホテル形式のシングルとダブルルームに加え2段ベッドが設置されたリーズナブルな料金設定の部屋、家族や友人と貸しきることもできるキャビン(最高6名対応。リビングに2ベッドルーム、キッチンつきでエクストラベッドも2台追加可)など目的に応じて選択しよう。朝食や夕食をセットにしたり、付帯のキッチンで自炊も可能だ。
また、トレッキング用のバックパック、テントや寝袋などはレンタルも用意されている。借りる場合事前に予約するのが確実だ。
さらに、施設はSTF(スウェーデン旅行者協会)が管理しているため、協会の会員になる利用費など割引特典も活用できる。

 

【関連情報】

■ Abisko Turist Station(アビスコ・ツーリストステーション)
電話:0980‐40200
住所:981 07 Abisko
行き方:ストックホルムからキルナ空港まで約1200キロ。空港からは約90キロで列車、バスもしくは車を利用。車の場合約80分。
URL:http://www.abisko.nu/vinter/japanese/index.asp

■ STF(Svenska Turistforeningen:スウェーデン旅行者協会)
電話:08‐463 2100
住所:Box 17251, 104 62 Stockholm
年会費:2009年は大人295クローナ(約3600円)
URL:http://www.svenskaturistforeningen.se/

 
 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2009/05/18)
※渡航前に必ず現地の安全情報をご確認下さい。http://www.anzen.mofa.go.jp/
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 
 
エイビーロードTOPへ

海外旅行の比較検討サイト エイビーロードでぴったりの海外ツアーが探せる、見つかる! 160社超の旅行会社の提供するツアー・航空券、海外ホテルの比較検討ができます。
海外旅行に必要な現地の情報『海外旅行徹底ガイド』や現地在住のABガイドも要チェック!


おすすめガイド記事