文化の継承にも尽力したゾーンはスウェーデンを代表する肖像画家

スウェーデン・ダーラナ・美術館・博物館の現地ガイド記事

Subscribe with livedoor Reader RSS

文化の継承にも尽力したゾーンはスウェーデンを代表する肖像画家

掲載日:2010/03/15 テーマ:美術館・博物館 行き先: スウェーデン / ダーラナ ライター:田中ティナ

タグ: ためになる 一度は行きたい 美しい 美術館



ABガイド:田中ティナ

【スウェーデンのABガイド】 田中ティナ
全ガイドを見る
スウェーデン(エステルスンド)在住。通学したスウェーデン語学校では世界あちこちからの移住者とも友人となり、今でも楽しく、そしてびっくりの異文化交流を体験中。食、育児、教育、アンティーク、イベント、そして雄大な自然たっぷりの観光スポットなど、在住者ならではの旬の情報をお届けいたします。

有名建築家の設計によるゾーン美術館。入り口すぐのところにはポストカードや画集などを扱う売店は外光が射しこみオープンな雰囲気 有名建築家の設計によるゾーン美術館。入り口すぐのところにはポストカードや画集などを扱う売店は外光が射しこみオープンな雰囲気

ダーラナ出身の天才画家の美術館

シリアン湖を中心とする豊かな自然。そしてカラフルな民族衣装など伝統文化もしっかりと今に伝える、ダーラナ地方。ストックホルムから350キロほど北西に位置するこの地方の見所はいろいろで、アンダース・ゾーンの美術館もそのひとつ。ダーラナ地方出身のゾーンは今年生誕150年を迎えるスウェーデンを代表する画家として知られている。1800年代後半から90年代にかけて、主に肖像画家として多数の作品を残したゾーン。繊細な筆捌きで、モデルの内面までも映し出すかのようなポートレートは国内外の著名人をモデルにしている。レンブラントの影響か、微妙な陰影を表現したエッジングの技術もすばらしくアメリカのルーズベルトをモデルにした作品が残っている。

 

ムーラの町中心にある美術館は独特のさび色のような深い赤い色の柵に囲まれている ムーラの町中心にある美術館は独特のさび色のような深い赤い色の柵に囲まれている

伝統の保存にも熱心

ゾーンは15歳でストックホルムの王立アカデミーに入学を許可されたという才能の持ち主。水彩によるポートレート画家として数多くの作品を製作しながら、イギリスやスペインへ4年間を送り1885年にエマ婦人と結婚。1889年のパリ国際博覧会ではレジオンドヌール勲章を受賞するなど、芸術家としての才能を国内外で認められてきた実力者だ。また、産業革命、技術開発が進む中、伝統が忘れられていくのを心配したゾーンは、昔ながらの建築を未来に伝えるためにオープンエア式の美術館'Zorn's Gammelgård'をシリアン湖畔に造成した。こちらには古くは中世から、40もの歴史的価値のある家が保存されおり、ダーラナ地方の農村での暮らしぶりを見ることができる。さらに隣にはテキスタイル博物館が1993年に造られた。ムーラに伝わる伝統的な民族衣装など、カラフルな展示。レースの展示もお見逃しなく。

 

メインゲートを入ると大きな敷地の中に美術館へと続く道が伸びている メインゲートを入ると大きな敷地の中に美術館へと続く道が伸びている

地元の文化を作品に

彼の遺志を受け、エマ夫人とキューレターが協力し1939年、ゾーンの作品などを集めた美術館が完成。建物の設計はストックホルムの市庁舎を手がけたエストベリーとか。メインの美術館のほかにも、ゾーンが家族と暮らした家や彼が’Gopsmor'と名づけたコテージなども公開している。このコテージは水辺に建っており、町の喧騒を離れて静かに創作活動に没頭するにはぴったりの場所だったようだ。夏ともなれば近くの若者たちが集まって、古くから伝わるダンスを踊ったそうで、それが作品の題材にもなっている。展示には、「地元ダーラナ地方の人々が芸術にふれる機会を設けたい」、というゾーンの気持ちもこめられているそうで、彼の作品だけでなく、世界から集められた芸術作品や手工芸品なども見ることができる。

 

美術館とZorngardenは隣接している 美術館とZorngardenは隣接している

企画展もお見逃しなく

今年5月13日から9月14日までZorns mästerverkと題した展示を企画中。ストックホルムの国立美術館をはじめ、パリ、マドリッドなどからもゾーンの作品を集めた大掛かりな企画展だ。また、6月23日には庭で夏至際のお祭りも計画されている。夏場にはほかにもイベントが計画されているそう。事前にチェックしてぜひゾーンを存分に楽しんで!

 

美術館情報

■ Zornmuseet
住所:Vasagatan 36
   792 21 Mora
電話:0250-592310
行き方:ムーラの鉄道駅から徒歩約5分。ストックホルムからムーラは約350km、鉄道利用では4時間ほど。
開館時;冬季9月15日から5月14日は毎日12:00〜16:00.夏季5月15日から9月14日は月曜から土曜、9:00〜17:00、日曜祝日11:00〜17:00。
入館料:大人60クローナ(約750円)、15歳まで無料。
URL:http://www.zorn.se/
*美術館以外の建物の公開時間などは美術館とは異なります。

 
 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2010/03/15)
※渡航前に必ず現地の安全情報をご確認下さい。http://www.anzen.mofa.go.jp/
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 
 
エイビーロードTOPへ

海外旅行の比較検討サイト エイビーロードでぴったりの海外ツアーが探せる、見つかる! 160社超の旅行会社の提供するツアー・航空券、海外ホテルの比較検討ができます。
海外旅行に必要な現地の情報『海外旅行徹底ガイド』や現地在住のABガイドも要チェック!


おすすめガイド記事