page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

スウェーデン・ダーラナ・祭り・イベントの現地ガイド記事

RSS

海外現地発ガイド通信

ダーラナ地方でお祝いするミッドサマー

掲載日:2018/06/11 テーマ:祭り・イベント 行き先: スウェーデン / ダーラナ ライター:田中ティナ

タグ: おいしい お土産 すごい! たのしい ショッピング 一度は見たい 祭り 素晴らしい



ABガイド:田中ティナ

【スウェーデンのABガイド】 田中ティナ
全ガイドを見る
スウェーデン(エステルスンド)在住。通学したスウェーデン語学校では世界あちこちからの移住者とも友人となり、今でも楽しく、そしてびっくりの異文化交流を体験中。食、育児、教育、アンティーク、イベント、そして雄大な自然たっぷりの観光スポットなど、在住者ならではの旬の情報をお届けいたします。

窓辺にもキュートなミッドサマーのデコレーション。夏至祭で夏の到来に感謝し、長期のサマーバカンスが始まる、というスウェーデン人も多いとか 窓辺にもキュートなミッドサマーのデコレーション。夏至祭で夏の到来に感謝し、長期のサマーバカンスが始まる、というスウェーデン人も多いとか

夏至祭前夜はパーティーナイト

スウェーデンで夏を彩るお祭りといえば、ミッドサマーを祝う「夏至祭」だ。夏至祭の日は、いわゆる一年でもっとも昼間の長くなる夏至当日ではなく、6月19から26日の間でいちばん夏至の日に近い土曜日に定められていて、今年は6月23日が夏至祭〈スウェーデンでは休日)、22日が夏至前夜のミッドサマーアフトンとなる。
夏至祭のイベントは洗礼者ヨハネの祝日という宗教的な意味合いと、一年でいちばん昼間の長いことを祝う伝統行事が組み合わされたものだという。
そして夏至の夜には人間界と自然界の境界線がぼやけ、スーパーナチュラルな力が身近に感じられるという話もあって、夏至の夜、結婚を願う女性が7種類ほどの草花を枕の下において寝ると、恋がかなえられるとか、その晩夢に見たひとがその後人生を共にする相手だという話も聞こえてくる。

 

広々とした広場には2万人ほどの人びとが集まることができるそう。遠くに見える白いポールが夏至祭のシンボルだ 広々とした広場には2万人ほどの人びとが集まることができるそう。遠くに見える白いポールが夏至祭のシンボルだ

シンボルは草花で飾り付けた夏至祭の柱

カラフルな民族衣装からも、ダーラナ地方の伝統を誇りに思う気持ちが伝わってくる。緑鮮やかな丘陵地帯に囲まれていようにたたずむシリアン湖のまわりにはムーラ、レクサンド、レトヴィックなどの街が点在しており、夏至のお祭りは、人びとが集うそれぞれの町や村の広場で行われる。
レクサンドでは真ん中がくぼんだ形状の広場、「グローペン」が会場だ。まだまだ明るい金曜日の19時ころ、お祭り会場の支度は、民族衣装の人たちによって運び込まれたハート型のリースなどを夏至祭用の長い柱に飾り付け、その柱をみなで協力しながら立ち上げると完成する。そうして、ヴァイオリンやアコーディオンの奏でるフォークミュージック、教会合唱隊の歌声にあわせて、人びとが柱のまわりを幾重にも取り囲み、陽気なダンスが繰り広げられる。

 

ミッドサマーディナー、前菜の一例。奥のハードブレッドはバターとチーズを、手前のシルにはサワークリームとチャイブのみじん切りを添えて。サーモンや小エビの燻製も後を引くおいしさだ ミッドサマーディナー、前菜の一例。奥のハードブレッドはバターとチーズを、手前のシルにはサワークリームとチャイブのみじん切りを添えて。サーモンや小エビの燻製も後を引くおいしさだ

食事は旅のおたのしみ

夏至祭に欠かせないごちそうメニューといえば、シルというニシン系の魚の切り身を玉ねぎ、粒コショウ、ディルなどの香草といっしょにビネガや、ガーリック、マスタード風味のマリネソースに付け込んだ冷製にゆでた小粒の新ジャガを添えた一品だ。ジャガイモはゆでるときにディルを入れて風味をつけるのが定番だ。
そして、このメニューに欠かせないのが、シュナップス。ハーブなどで香りをつけた蒸留酒で、アルコール度数は40パーセントほどの強いお酒。ショットグラスで、キュッといただき、チェイサーにはビールという組み合わせがおすすめだ。
ホテルで供される際にはぜひお試しを。

 

「おじさんとおばさん」の風見鶏はこちらではSEK695(約8700円)で販売している 「おじさんとおばさん」の風見鶏はこちらではSEK695(約8700円)で販売している

チャーミングな木工クラフト

家の中で過ごす時間が長くなると、暖炉のそばで編み物や木工細工など、手仕事にいそしむチャンスが多くなる。ダーラナ地方も質の高い工芸品と出会うチャンスが高いエリアだ。
1945年に創業したというレクサンド・トラースロイドは木工細工のクラフト工房だ。レクサンドの街中から5キロメートルほどの郊外にある。敷地の入り口では、こちらの看板商品、「おじさんとおばさん」と名付けられたオリジナルデザインの風見鶏が出迎えてくれる。風にあわせてくるくると老夫婦が仲睦まじく作業に励む様子にこころがほっかりしてくるよう。建物2階のスペースが作業場兼製品の販売スペースになっており、作業場では滑らかなカーブのスプーン、ナイフやお人形などを一つひとつ手作業で作っている。ドライブならぜひ立ち寄ってみたいスポットだ。

 

レクサンドの商店街入り口のスペースにも夏至祭の柱が飾られている レクサンドの商店街入り口のスペースにも夏至祭の柱が飾られている

関連情報

■ ダーラナの観光情報
URL:http://www.visitdalarna.se/en/

■ Leksand Traslojd
住所:Vastanvik, Siljansnasvagen 117
793 92 Leksand
電話 : 0247-10758
開店時間:6月14日まで、火曜〜金曜、9:30〜17:00、13:00〜14:00はランチでお休み。
6月15日から8月15日、月曜〜金曜、9:30〜17:00。土曜、9:30〜13:00。
9月は休業。

URL:http://www.leksandstraslojd.se/

 
 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2018/06/11)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 
 
エイビーロードTOPへ

海外旅行の比較検討サイト エイビーロードでぴったりの海外ツアーが探せる、見つかる! 160社超の旅行会社の提供するツアー・航空券、海外ホテルの比較検討ができます。
海外旅行に必要な現地の情報『海外旅行徹底ガイド』や現地在住のABガイドも要チェック!


おすすめガイド記事