page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
スウェーデン・イェリバーレ・ショッピングの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

サーミ文化をモチーフにしたジュエリーのショップ兼スタジオ。


掲載日:2013/01/04 テーマ:ショッピング 行き先: スウェーデン / イェリバーレ

タグ: アクセサリー ショッピング 一度は行きたい


そこでしか手に入れることのできない思い出を。

伝統的なサーミのイメージを現代風にアレンジしたリングはシルバー製で435クローナ(約5100円)ほど。 伝統的なサーミのイメージを現代風にアレンジしたリングはシルバー製で435クローナ(約5100円)ほど。

ネットショッピングを利用すれば日本にいながら世界のグッズを手に入れることもできる、今のご時勢。また、名前の知られた商品なら本店や製造元に出かけなくても、たとえば各販売店、もしかしたら空港のショップで見つけることができるかもしれない。でも、旅の途中で、ご当地ならではのグッズの製作スタジオでのショッピングは、その品物に特別な思い出を加えてくれるはず。Jokkmokks Tenn(ヨックモックテン)ではジュエリーなどこの地方にちなんだ製品を製造販売している。

サーミ文化の香る町。

オリジナルの商品が見やすくディスプレーされている。 オリジナルの商品が見やすくディスプレーされている。

スウェーデンの北の町ヨックモックは北極圏内に位置する。キルナから210kmほど、車で約3時間だ。このあたりはラップランドとも呼ばれ、今でも北方の少数民族であるサーミ民族の文化が色濃く伝わっている。町にはサーミの歴史を学ぶことができる博物館をはじめ、服や木工細工などの手工芸品やトナカイ飼育を学ぶことのできるサーミの学校もあって、スウェーデン中から、また、お隣ノルウェーからの学生も勉強に来ているという。そんなサーメの文化を商品にいかしているのがヨックモック・テン。町のメインストリートから5分ほど歩いたところにお店とスタジオがある。

自然と伝統のコンビネーション。

ろうそく立の模様を彫る。金属の塊や板がていねいな手作業で作品に仕上がっていく。 ろうそく立の模様を彫る。金属の塊や板がていねいな手作業で作品に仕上がっていく。

店内にのショーケースにはベテランの職人たちが手仕事で細工を施したアクセサリーや装飾品などが陳列されている。アクセサリー関係はネックレスやイヤリングなど、単一のものからセットにしたタイプも用意。デザインはサーミ民族に伝わる神話や長い白夜の期間の美しさを森、空と月で表現するなど、民族の伝統文化や特徴ある自然条件などをモチーフに工夫しているそう。明るいショップ内にはさまざまな工具をしつらえた作業台が設けられ、ベテラン職人による手仕事の工程を見学することもできる。

記念になりそうな品々。

ろうそく立てのデザインにもサーミのモチーフがいかされている。 ろうそく立てのデザインにもサーミのモチーフがいかされている。

山の鳥、雷鳥やムースをデザインした塩入れや置物などの小物をはじめウィスキー、ビールやシュナップス(とくにショットで飲むお酒)用のカップ、お盆なども陳列されている。日本ではあまり一般的ではないけれどこちらでは、とくに冬、ろうそくを毎日のようにともすので、ろうそく立ても各種そろっている。寒い冬、オレンジ色の暖かな炎が銀色のろうそく立てに映りきらめく様はとても幻想的だろう。サーミの伝統的なデザインについて店の人の説明を聞き商品の背景にある文化を知ることができるのも、製造販売直営店ならではの魅力だ。

お店情報

この看板が目印。 この看板が目印。

■ Jokkmokks Tenn
住所: Järnvägsgatan 19
96232 Jokkmokk
電話: 0971-55420
行き方:お店は町のメインストリートから徒歩5分ほど。ヨックモックへはストックホルムからなら1040kmほど、列車とバスでの移動もできるけれど、いちばん便利なのはキルナまで飛行機で飛んでから車で移動する方法だ。
開店時間:月から木曜、06:30〜16:00、金曜、06:30〜13:00。土、日曜は閉店。

URL:http://www.jokkmokkstenn.se/

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2013/01/04)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索