世界遺産「エンゲルスベリの製鉄所(エンゲルスバリ)」の詳細情報

スウェーデンの世界遺産・名所ガイド

Engelsberg Ironworks

エンゲルスベリの製鉄所

名称:エンゲルスベリの製鉄所(スウェーデン
英語名称:Engelsberg Ironworks
ジャンル:世界遺産
分類:文化遺産
登録年:1993年

300年以上の間国の基幹産業を支えた製鉄所

ストックホルム北西のエンゲルスベリ村にある製鉄所跡。16世紀頃、製鉄所は水力と人力で作業がされていた。しかしスウェーデン周辺には良質の鉄鉱石を産出する鉱山があり、棒鉄鍛造を皮切りに、大砲など大型火気の普及による需要が増加し、大規模な製鉄施設に発展して生産量は飛躍的に増加。18世紀初頭、スウェーデンは世界の鉄生産量の3分の1を占める、世界最大の生産国となった。しかし19世紀に衰退が始まり、1919年に施設の老朽化により閉鎖された。稼動期間300年におよぶ基幹産業を伝えるのは、鉄のハンマーのついた粉砕機、水車を利用した溶鉱炉や鍛冶工場、当時最新の製鉄設備に加え、工場主の邸宅など。50以上の建物が、森の中に当時のままで保存されている。

ここに行くツアーを探す

世界遺産を知ってもっと旅を楽しもう
情報提供:世界遺産検定 http://www.sekaken.jp/

現地ガイド発!スウェーデンの世界遺産最新情報

2009/05/12 世界遺産

スウェーデンの世界遺産「ゴットランド島」で何もやらない贅沢なひと時を!

スウェーデン旅行イメージ-水辺に点在するコテージを貸し切れば、冷たい水に飛び込んで目覚める、なんてことも朝飯前なのだ 水辺に点在するコテージを貸し切れば、冷たい水に飛び込んで目覚める、なんてことも朝飯前なのだ

スウェーデンでは会社勤めの場合、一般的に年間6週間ほどの有給休暇が保障されており、季節の良い6、7月にゆっくり休んで鋭気を養うパターンがポピュラーだ。そして、長期休暇の目的地として人気なのが、都会の喧騒を離れた自然の中での生活。夏や冬の休暇用に家族や友だちと過ごす別荘(といってもゴージャス度はピンきりだが)を持っている人々は、休みになればいそいそと所有のコテージに出かけ、日向ぼっこ、ビール片手のBBQや釣りの合間に家の手直しなど日曜大工にいそしむことになる。もし別荘を持っていなくても、そんなのんびりした時間を満喫することは可能なのだ。例えば海辺のコテージ、森の中のB&B…続きを見る



世界遺産検定

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


スウェーデンの世界遺産「エンゲルスベリの製鉄所」についてご紹介します。エンゲルスベリの製鉄所の観光ができるツアープランもあわせてご紹介。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。