世界遺産「サーメ人地域(サーメ人)」の詳細情報

スウェーデンの世界遺産・名所ガイド

Laponian Area

サーメ人地域

名称:サーメ人地域(スウェーデン
英語名称:Laponian Area
ジャンル:世界遺産
分類:複合遺産
登録年:1996年

トナカイと暮らすサーメ人の集落と氷河が織り成す自然

北極圏のラップランドのうち、スウェーデン最北端のサーメ人地域は、氷河が培ってきた大自然が自然遺産として、また広大な北極圏で暮らすサーメ人の集落が文化遺産として世界遺産に登録された複合遺産。4つの国立公園と2つの国立自然保護区、およびスリチェルマ氷河地帯、チューオルタ渓谷、ラパダーレ・デルタの3地域を含む総面積9400平方キロメートルの地域。高山植物のある山岳、ツンドラの堆石による深い渓谷のフィヨルド、湖沼、滝、そして川が流れる雄大な自然景観が見られ、多くの希少な動物も棲息している。サーメ人は、5000年前からトナカイとともに暮らしてきたアジア系少数民族。ラップランド全体で4万人ほど住んでおり、ほとんどのサーメ人は定住生活を営んでいるが、一部は今もなお伝統的なトナカイの移牧生活を続けている。

ここに行くツアーを探す

世界遺産を知ってもっと旅を楽しもう
情報提供:世界遺産検定 http://www.sekaken.jp/

現地ガイド発!スウェーデンの世界遺産最新情報

2009/05/12 世界遺産

スウェーデンの世界遺産「ゴットランド島」で何もやらない贅沢なひと時を!

スウェーデン旅行イメージ-水辺に点在するコテージを貸し切れば、冷たい水に飛び込んで目覚める、なんてことも朝飯前なのだ 水辺に点在するコテージを貸し切れば、冷たい水に飛び込んで目覚める、なんてことも朝飯前なのだ

スウェーデンでは会社勤めの場合、一般的に年間6週間ほどの有給休暇が保障されており、季節の良い6、7月にゆっくり休んで鋭気を養うパターンがポピュラーだ。そして、長期休暇の目的地として人気なのが、都会の喧騒を離れた自然の中での生活。夏や冬の休暇用に家族や友だちと過ごす別荘(といってもゴージャス度はピンきりだが)を持っている人々は、休みになればいそいそと所有のコテージに出かけ、日向ぼっこ、ビール片手のBBQや釣りの合間に家の手直しなど日曜大工にいそしむことになる。もし別荘を持っていなくても、そんなのんびりした時間を満喫することは可能なのだ。例えば海辺のコテージ、森の中のB&B…続きを見る



世界遺産検定

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


スウェーデンの世界遺産「サーメ人地域」についてご紹介します。サーメ人地域の観光ができるツアープランもあわせてご紹介。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。