世界遺産「ガンメルスタードの教会村(ガンメルスタード)」の詳細情報

スウェーデンの世界遺産・名所ガイド

Church Village of Gammelstad Lulea

ガンメルスタードの教会村

名称:ガンメルスタードの教会村(スウェーデン
英語名称:Church Village of Gammelstad Lulea
ジャンル:世界遺産
分類:文化遺産
登録年:1996年

教区聖堂とその周辺に建てられた宿泊施設の町

スカンジナビア北部、ボスニア湾最奥部のルーレ川河口にあるガンメルスタードは、15世紀ごろに聖堂が建てられたのを機に、教区として栄えた村。当時、北スカンジナビアは、食肉や魚、毛皮などの交易で潤っていたため大きな教会を建てる余裕があり、また不安定な時代ゆえ当初は要塞に利用できるよう建てられた。教会の行事で遠方から来る信者は日帰りの礼拝が難しく、広大な教区には多数の宿泊施設がつくられ、16世紀に入ると、47の村々からなる大規模な教区に発展した。教会を中心に放射状に広がる道沿いに立ち並ぶ赤い壁と白い窓の小さな山小屋風の木造平屋はその宿泊施設で、19〜20世紀につくられた戸数は424軒におよぶ。

ここに行くツアーを探す

世界遺産を知ってもっと旅を楽しもう
情報提供:世界遺産検定 http://www.sekaken.jp/

現地ガイド発!スウェーデンの世界遺産最新情報

2009/05/12 世界遺産

スウェーデンの世界遺産「ゴットランド島」で何もやらない贅沢なひと時を!

スウェーデン旅行イメージ-水辺に点在するコテージを貸し切れば、冷たい水に飛び込んで目覚める、なんてことも朝飯前なのだ 水辺に点在するコテージを貸し切れば、冷たい水に飛び込んで目覚める、なんてことも朝飯前なのだ

スウェーデンでは会社勤めの場合、一般的に年間6週間ほどの有給休暇が保障されており、季節の良い6、7月にゆっくり休んで鋭気を養うパターンがポピュラーだ。そして、長期休暇の目的地として人気なのが、都会の喧騒を離れた自然の中での生活。夏や冬の休暇用に家族や友だちと過ごす別荘(といってもゴージャス度はピンきりだが)を持っている人々は、休みになればいそいそと所有のコテージに出かけ、日向ぼっこ、ビール片手のBBQや釣りの合間に家の手直しなど日曜大工にいそしむことになる。もし別荘を持っていなくても、そんなのんびりした時間を満喫することは可能なのだ。例えば海辺のコテージ、森の中のB&B…続きを見る



世界遺産検定

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


スウェーデンの世界遺産「ガンメルスタードの教会村」についてご紹介します。ガンメルスタードの教会村の観光ができるツアープランもあわせてご紹介。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。